※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

~反歌~   作詞/424スレ189

真理=黒い宇宙 鍵盤は真理で黒く染まり、ピアニストはまるで盲目のように。
ピアニスト達は亡者と化し、ただ出てくるのは涙のみ。
束の間に見せた平和の砲台、その時は雀の巣。
真っ黒な楽譜は光を反射はしてくれない。
地球という星は綺麗に洗い流した。原罪は浄化したはず。
しかし気付いた。消毒のための火炙りは、度が過ぎていたと。
漆黒に染まって行く、宇宙に飲まれる地球。
最期さえ、真理を教えてくれぬのか。
さようなら、もう会うことはないだろう光達。
それでもまだ溺れない。息を止め、まだ希望を捨てない。だが、やはりだめか。
地球はブラックホールを残し、それさえもやがて、すぐ消えるであろう。
見えてくる白い雲。剥がれてゆく黒い雲 そうかこれが真理。
やっと見せてくれた。ありがとう空よ。
真理はなるほど、餃子だったか。