※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

雑草  作詞/タマムシ

僕は気づいていたんだ 足下にいつもある 小さいけど大きな命 ごめんよ雑草
何度踏みつけても 何度むしりとっても
再び立ち上がる 胸をはる 強いな雑草
ほんの少しでいい 強さをわけてくれ
どうすればそんなに 強くなれるかな
裸足で歩く 少しチクッとささる その感触が心地好かった
寝そべって丸く なりながら空を 仰ぐさ背中の雑草たちと