※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

百夜通い  作詞/無楽

口に任せたうとましさ
あなたの足をここに誘う
一夜一夜重ねさせ 
窓の下 幾度目の夜
一日が積もり 一月 一年
重い想いと過ごす日々
夏に重ねる百の語り
最後にいずる物の怪は
朝と聞いて声上げて
泣いて消えることでしょう
一年が積もり 色あせ 枯れゆき
心も死ねばよいものを
冬に重ねる百の歩み
最後に渡す言の葉は
この身と心 ある所
雪の下よと伝えましょう
雪の積もるに似たこれは
雪の解けるに似たこれは