※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夏の桜  作詞/つまだ 作曲/423スレ73

突き刺さる 汽笛の音で
見上げた花 桜は夢に
手を伝う 君の熱さえ
春は許してくれない
雨が降り 見え隠れした
アスファルト 新緑の芽
そこにはもう 二人並んだ
足跡はどこにもなく
季節が 押し付けた
感傷が瞼を閉ざす
望んじゃ いないのに
藍染の道が 君を 懐かしむ
日々の無意識を悲しむ
そんな 初夏の蝉しぐれ
傘をさす暇もなければ
花は あおく色づいて
君は列車に乗りどこか
遠く 向こうの町へと
春を乞う暇もなければ
追いかけることも出来ない 嗚呼

音源