※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

墓参り  作詞/カリバネム

お墓は いつも窓の外から 何故だか僕を覗いてる
今日は カラスも鳴きそうだから ちょっと遊びに行こうかな
忘れるほどに 物も持たずに
うろこ雲のした 穴だらけの道
森の中では 虫に食われた
誰かのきもちが 腐ってた
分かれ道では僕の気持ちが 何故だか石にされていて
海に行くらしい道の先では セックスしてる蛇がいた
いつもの歌を 歌っていよう
青い空のした うろ覚えの道
闇がそこらで 油売ってた
それを誰もが 笑ってた
お墓は いつも窓の外から 何故だか僕を覗いてる
今日は カラスも鳴きそうだから ちょっと遊びに行こうかな
日暮れ前には たどり着けるな
うろこ雲のした 墓参りをした
僕のふりした 違う何かが
君を抱えて 笑ってた
かすれた声で 笑ってた