※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

等々力渓谷  作詞/415スレ335

口に放り込んだライスパフ
滑り落ちる谷の底へと
何もかもが 広がって
綺麗すぎておかしくなるよ
だから いますぐ
囲ってよだらしない僕を
この際 森の一部に
なってしまえばいいんだろう
流れる時 揺れる草木
静かに大きく息を吸う
根が伸びすぎて痛いな
踏みならされた土は重いな