※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

おといろ  作詞/412スレ256

君が紡いだその詩は
本音の詰まったその詩は
僕の心のどこかで引っかかって
今も忘れられそうにない
君が紡いだあの詩は
綺麗に透き通ったあの詩は
僕の瞼の奥でメロディ奏でて
今にでも爆発しそう
スレに何気なく 「それいただきます」
書き込んだけど 形に出来なくて
申し訳ない ごめんなさい
音色がうまく描けないよ
筆先で固まりつつある絵の具は
色鮮やかなんだけど
申し訳ない ごめんなさい
音色をうまく活かせないよ
筆先は今も不安と隣り合わせ
いつの間にか時だけが過ぎる