※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

空色の記憶  作詞/ぽっくり

授業後(あと)の階段を
かけあがって飛び出した
切れた雲と空だけが
今日も僕に降り注ぐ
変わりたいわけじゃない
べつになにも望んでない
そこにある空と
この思いを風にのせて
放課後の教室の
窓に透き通るオレンジは
雲に隠れた暗い影
昨日の君の表情に
気づけば乗り遅れて
なにも言わないから
遠くにある雲に
浮かぶ小さな声