※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

雨樋   作詞/ボンバーまん

ちゃぶ台をひっくり返した雨が屋根に刺さってる
水しぶき踊る玄関で俺はタバコに火をつけた
返り血のようにどんどん俺の体が湿っていく
ああもう嫌だ!打ち付けられて弾けたい!!
俺は雨樋を通るヤツラみたいに自由を失った
そして最期にはただ地面にぶつかるだけ!!!!