※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夏の終わりの物語  作詞/410スレ322

ボロクソ言ってた若い頃
親父に言われたあの言葉
「俺をボロクソ言うのは許すが
          かげがえの無いボロクソ」
俺はそんなポジションだったのかと気づいたあの夏
ウインクしている広子に出会った
恋に溺れた若いころ
彼女に歌ったラブソング
感想はギターうっせぇよwwwwwwwww
特定の人相手に汚い言葉で糾弾しつづけるってどうかと思った