※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

愛が生まれた日  作詞/410スレ123

たとえば心が一枚の紙ならば「ごめんね」を書いて君に送るよ
もしも心が繋がってるならこの後悔に押しつぶされないで…
「運命」の一言で片付けたら、なんか切ないね
「思い出」の一言で片付いたら、ちっぽけだね…
「何がダメで何が良かったか」なんて
今更どうにもならない 戻ることなんてできない
足りなかった言葉を全部書いて
手紙にしたら一行も埋まらなかった…
君から手紙がくるならば「ありがとう」の一言だけでいい
迷いや不安もわかってるから、全部僕に押しつければいい…
「出会い」の一言で片付くほど、単純じゃなくて
「別れ」の一言で片付くくらい、あっけなかった…
傷口に孤独と夜風がしみて
あの日々に浸っても 戻ることなんてできない
幸せと笑顔を天秤にかけて
比べてみたら笑顔が少し重かった…
「何がダメで何が良かったか」なんて
今更どうにもならない 戻ることなんてできない
足りなかった気持ちを全部書いて
歌にしてみたら、一つ「愛」が生まれた