※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

数え恋うた  作詞/無楽

紫陽花の咲く辻を越え
右に三回 左へ二回
曲がるたびに折れる心
いまだつかない屋根の下
窓に映る影の数 
一(ひい)と数えて二(ふう)と泣く
本当はわかっているくせに
別の命を持つ心
姿同じの あなたはだぁれ
薬指の日焼けの跡が
この世の春を 夢と諭す
窓に映る影の数 
heと数えてwhoと泣く
本当は知っているくせに
何もかも知っているくせに
本当は 何もかも