※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

背の音  作詞/無楽

くるりくるりと燻らす煙
夢が故に 揺れる由縁
台所たつその姿 
朝の眠りにまな板の音
湯気にかすむ か弱い背中
大きかった いつの頃
僕の育つ音を聞く 
とんとんからり とんからり
時が過ぎ去り一人の食事
移る現に 暮れる訳
あなたの好きな朱の器
出して気づいた 向かいの空席
にじみゆれる 器の色に
朝を抜いてた 自分を恨む
時の過ぎる音を聞く
とんとんからり とんからり