※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

わすれもの  作詞/みつゅ

少し肌寒い半袖の
深夜を過ぎた帰り道
夏の死骸がかさかさと
風に吹かれて横たわる
もう会えない夏の日に
何を残したろう
何を得たんだろう
夏の終わりは秋の始まり
またひとつ年を取る