※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

ぼくの脳みそがクアッドコアだったなら ~26歳サラリーマンの恋~  作詞/402スレ11

☆僕の脳みそが クアッドコアだったなら
君の泣き顔 見る事はなかったかな
僕の脳みそが クアッドコアだったなら
サヨナラ言わずにすんだのかな
毎晩毎晩クタクタで帰宅
明日の為 と早めの就寝
手付かずのまま君の手料理
夜と一緒に冷めていくよ
何も言わない君の瞳 分からずに
しばらく見てない控えめな笑顔
今はもう思い出せないまま
揺れる夏の日のカゲロウ
☆繰り返し