※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

マンデイ、チューズデイ、プツン  作詞/399スレ5

レンガの間に挟まれた39歳童貞と言わんばかりの雰囲気
辺りから漏れる木漏れ日にサーズデイ、ウェンズデイ、マンデイと口拍子
その音波でか 溢れ出す洪水の中
崩壊するレンガの断片一つ一つに
ちゃんと挨拶をする律儀さ
辺りは何も見えない
存在の消失 物体の落下
そして意識が大気を浮遊し
行き着いた先は暁に燃える公園のベンチの横
溢れ出す情熱の視線は便器とスカート
思い出す記憶の断片
溢れ出すマンデイ、チューズデイ
昔の幻影を微かに視えると
プツン と 意識が消えた