※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

夏の日 作詞/にゅる

誰もいなくなった駐車場
君がいる筈の窓を眺めてた
蝉が鳴く儚く消えゆく
散ることに意味を見いだし?
明日になれば意味を亡くす嘘
声にするのが怖くて目を伏せた
熱を持つアスファルトの上 でもその温度さえ知らず
ただ窓からの空を眺め それが君が知る世界のすべて
連れ出す手はとても小さいけれど そこには確かに温もりがあったよ
夢物語だとバカにしていた 小さな嘘も信じてたかった
ほら 聞こえるかい
風が鳴いている
君をいつか連れてった風
君がいた夏の日
君がいた夏の日

(このページは旧wikiから転載されました)