※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページはこちらに移転しました

悲ぐらし  作詞/無楽 作曲/('A`)モヲトコ

いつも一人で悲しいあなた
カナしカナしや 恋し恋しや
人も消えゆく夕暮れに
風も吹かない小道の奥で
道の両側 ざわめく心
その中に過ごすひと夏は
回り続ける風車
竹の中からおとぎの話 月に帰ったあの子の影を
胸に抱きつつ 肩を震わせ カナしカナしや 恋し恋しや
草木も眠る朝の中
霧も届かぬ小道の奥で
笹の葉の上 転がる心
朝日浴びれば消えて散る
新月に咲く夢花火
竹の中からおとぎの話 月に帰ったあの子の影を
胸に抱きつつ 肩を震わせ カナしカナしや 恋し恋しや
昨日を過ごし 今日を暮らして 明日を生きるは誰の為なの
春にも咲かず 冬すら枯れず 変わらない故 変われない故
誰がつけたの 悲しい名前 永久を生きては その悲(ひ)をくらし
心死ぬまで 泣き続けるの 恋しカナしや 無限の心
カナしカナしや 恋し恋しや

音源