SapScript > SmartForms関連Hint&Memo


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・内部テーブルの中身を一覧表示する。
  ①ループノードを追加する
  ②DataタブのOperand項目に内部テーブルと構造名を指定


・標準テキストを表示用に使用
  ①Tx-cd:SO10:標準テキストで登録
  ②テキストノードを追加し、①で登録した値を指定


・Smart Formsの即時プレビュー指定
  ①指定用変数の定義
        L_CNTRL TYPE SSFCTRLOP.
  ②ダイアログ非表示、プレビューを変数に設定
    L_CNTRL-NO_DIALOG = 'X'.
    L_CNTRL-PREVIEW = 'X'.
  ③生成汎用モジュールCALL時にパラメータ指定
        control_parameters = L_CNTRL

・システム項目を利用
  ページ番号:&SFSY-PAGE&
  フォームページの総数:&SFSY-FORMPAGES&

・グラフィクスを利用
  ①Tx-cd:SE78でデータをロード(tif,bmpファイル)
  ②グラフィクスノードを登録し、ファイル指定