Dynpro関連Hint&Memo


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・テーブルコントロールの属性①
  選択可能有無と複数選択可を制御
    属性 : LINE_SEL_MODE
    値   : 0(No) , 1(Single) , 2(Multi)

・テーブルコントロールの属性②
  表示項目のうち固定項目(横スクロールでも表示される項目)の数
    属性 : FIXED_COLS
    値   : 数値

・画面項目を入力不可
    LOOP AT SCREEN.
      IF SCREN-NAME = 'screen_field_name'.
        SCREEN-INPUT = '0'.
        MODIFY SCREEN.
      ENDIF.
    ENDLOOP.

・テーブル項目を利用して、Dynproに入出力レイアウトを作成
  ①テーブルを登録
  ②スクリーンペインタ画面を表示し、
   メニュー[ジャンプ]⇒[二次ウィンドウ]⇒[ディクショナリ/プログラム項目]を選択
  ③テーブル名/項目名に登録したテーブル名を入力し、Dictからの取得ボタンを押下
   ⇒結果、一覧に項目が表示される。
  ④レイアウトに使いたい項目を選択し、OKボタン押下
   ※テキストなし or テキスト使用の値の設定など可能
  ⑤スクリーンペインタ画面で追加したい場所にレイアウトを設定
  ⑥保存&有効化
  ⑦テスト実行により、追加項目が表示されることを確認

・テーブルコントロールの追加
  ①プログラム内に、表示したい項目を持つ内部テーブルとワークエリアを定義する
  ②スクリーンペインタ画面で、テーブルコントロール(wizard付)ツールボタンを押下し、
   ウィザードに従い値(テーブルコントロール名、テーブル名、ワークエリア名)を入力する。

・GUI Statusの機能ボタンを一部非表示にする
    TYPES:BEGIN OF TAB_TYPE,
            FCODE LIKE RSMPE-FUNC,
          END OF TAB_TYPE,
    DATA:GT_HIDEKEY TYPE STANDARD TABLE OF TAB_TYPE,
         GW_HIDEKEY TYPE TAB_TYPE.

    '非表示にするボタンのFunction codeを設定
    GW_HIDEKEY-FCODE = 'function name'.
    APPEND GW_HIDEKEY TO GT_HIDEKEY.

    SET PF-STATUS 'status name' EXCLUDING GT_HIDEKEY.

・動的に項目属性を設定
   ①画面項目に軌道コマンド(USER-COMMAND)オプションを指定
  ②グループを定義(GROUPオプション)
   ③at selection-screen output.に設定処理を記述
      LOOP AT SCREEN.
        IF SCREEN-GROUP1 = ○○○
          SCREEN-INPUT = '0'
        ENDIF.
        MODIFY SCREEN.
      ENDLOOP.