グレン・グールド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

● 「グレン・グールド:大いなるモグラの思い出」、『レコード芸術』1984年11月号→改題「偉大なるもぐらの思い出:グレン・グールドを聴く」、『ヘルメスの音楽』筑摩書房(水星文庫)、1985→(ちくま学芸文庫)
● Glenn Gould, <Prospects of Recording>, High Fidelity Magazine , April 1966→細川周平との共訳、「プロスペクツ:オヴ・レコーディング」、『現代思想』vol.13-5、1985年5月号「特集=Contemporary Music:音楽はどこへいくのか」
● 「開かれた独身者、グールド」(松浦寿輝との対談)、細川周平企画『WAVE』no.16、1987.11、ペヨトル書房、「特集=グレン・グールド」、改訂版、1993.5
● 「?」、付録豪華解説本、没後10年特別企画『ザ・グレン・グールド・コレクション』LD BOX、ソニー・ミュージックエンターテイメント(SRLM 990-5)、1992
「浅田彰が語るグレン・グールドの世界」(1992)
● 「2032年のグレン・グールド」(坂本龍一との対談)、『ユリイカ』1995年1月号「特集=グレン・グールド」→『文藝別冊 総特集=グレン・グールド:バッハ没後250年記念』河出書房新社、2000
● 「[わが20世紀人]グレン・グールド 孤独愛したピアニスト」『読売新聞』1999.11.13 夕刊
「教授の愛したバッハ」2007年 8月10日(金) 午後11:00~翌日午前1:00 NHKFM(120分)坂本龍一 浅田彰 小沼純一
●「「いま」が還りつくところ、バッハ」(鼎談・楽曲解説)坂本龍一 浅田彰 小沼純一 )『commmons: schola vol.1 J.S. Bach Ryuichi Sakamoto selection』2008.9.24
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。