掲載記事2007年


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


2007
● 「特別寄稿 ナムジュン・パイク追悼ライヴの余白に」、『ART iT』2007年1月号
● 「バルト、ラシーヌ、クローデル」(渡邊守章・松浦寿輝との座談会)、『文學界』2007年1月号
● 司会参加、坂本龍一・高谷史郎「アーティスト・トーク」(新作インスタレーション(YCAM委嘱作品)展示、2007.3.11.山口情報芸術センターにて)
● 「霧の中で:坂本龍一+高谷史郎とウィリアム・フォーサイス」、『InterCommunication』no.61、2007年夏号→坂本龍一・高谷史郎ほか『LIFE fluid,invisible,inaudible...』NTT出版、2007.12
● 第104回文學界新人賞選評「「小説」から遠く離れて」、『文學界』2007年6月号
● 「中上と三島、或いは80年代をめぐって」(高澤秀次との対談。2007.2.16.青山ブックセンターで開催された、中上健次著、髙澤秀次編・解説『現代小説の方法』(作品社)刊行記念トークイベント「中上健次、三島由紀夫、天皇、アジア……」)、早稲田文学会編『WB WASEDA bungaku FreePaper』vol.09 1/2、2007.6
● 「日本版特別対談 any会議が切り開いた地平」(磯崎新との対談)、浅田彰・磯崎新 監訳、『Anything:建築と物質/ものをめぐる諸問題』NTT出版(ICC BOOKS)、2007.7
「教授の愛したバッハ」 、NHKFM放送、2007.8.10(金) 23:00-25:00
坂本龍一 浅田彰 小沼純一
● 「日本美術史を読み直す 『ひらがな日本美術史』完結を機に」(橋本治との対談)、『新潮』2007年8月号
● 「《LIFE - fluid, invisible, inaudible ...》をめぐって」(坂本龍一・高谷史郎・中沢新一との公開トークイベント。2007.9.15.ICCにて). ※こちらからDL可能。
● 第39回新潮新人賞選評「リアリズムから遠く離れて」、『新潮』2007年11月号
● 第105回文學界新人賞選評「「近代日本文学」の再生?」、『文學界』2007年12月号
● 「シュトックハウゼン氏を悼む 前衛音楽を純粋に追う」、『読売新聞』2007年12月12日号

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。