ミサトさん、あなたはやっぱり僕たちの特別な人です2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「パスワードを入力してください。」
え?パスワード?
一瞬僕は凍り付く。知らないよそんなもの。
落ち着け。パスワードは5回連続で間違えるとロックがかかり、
解除するには副指令のコードが必要になる。
つまり僕のやっていることがバレる。
ネルフ内において、他人、特に上司のパソコンを勝手にいじるということは…
結果は考えなくてもわかる。
少なくともアスカにはこの世の中では二度と会えなくなる。
逆に考えれば、チャンスは5回あるわけだ。
ミサトさんの事だ。僕の事を考えてこのフォルダを設定したとすれば、
僕にも簡単に推察できるパスワードの筈。

まず僕は「penpen」と入れてみた。ダメ。
次に「misato」と入れてみた。これもダメ。
ひょっとして、と「shinji」と入れてみた。これもダメ。
「aska」も試そうと思ったが、そもそもネルフのパスワード規定の
「英数字5文字以上」にあてはまらないので、止めた。
あとチャンスは2回。青葉さんが後ろを通りがかって一瞬ドキッとするが、
書類を探すふりをして
(なにせ机の上の乱雑さにかけてはネルフ内ダントツNO.1だ)
なんとか誤魔化した。

天啓とはあるもので、その時、ふと僕の中に何かが舞い降りた。
あるいはアスカがどこからか僕を見ていたのかもしれない。
「shinji-aska」と入力し、エンターキーを押すと、一瞬画面が白くなり、
フォルダが開いた。

「ミサトさん…」
僕たち2人を弟妹のように、ある時は我が子のように、守り、慈しみ、
愛してくれた、僕たちの大切な人。
ミサトさんは、僕やアスカの母でもあり、姉でもあった。
その想い、愛情のようなものが、枯れた泉から再び沸き上がってくるようで、
回転する砂時計の向こう側に色々な光景が蘇り、
僕は思わず涙をこぼしそうになった。
「ありがとう…ミサトさん。」



「呼んだ?」



その声に僕の心臓は止まりそうになった。
あるいは喉から一瞬飛び出したかもしれない。
驚きのあまり、椅子を吹っ飛ばして辺りを見回す。
ミサトさんはいない。
5mばかり離れたところで青葉さんがモニターをじっと睨んでいる。
暇だからってどこぞの外人バンドのライブをここで観なくても…、
と一瞬思ったが、
逆にそれに集中している青葉さんは、こちらを気にも止めない。
「しんちゃん、ここよ。」
声は、パソコンから聞こえていた。

「まずは謝らなくてはいけないわ。ごめんなさい、シンジ君。」
型遅れのメディアプレイヤーがミサトさんの声を伝える。
「今まであなたにこの計画を黙っていたことを。
でも、おそらく洞木、じゃない鈴原さんね、
彼女から聞いていたと思うけど、アスカの希望なの。
子供じみた芝居だけど、アスカがそうしたがったの。
シンジ君にはアスカの気持ちは分かってくれると思う。
アスカはこう言ったの『せめて私たち織り姫と彦星の再会を劇的なものに
しないと、世界中の恋人たちに示しがつかないわよ!』ってね。」
僕は、その場面が容易に想像できて、ちょっと笑ってしまう。
同時に、ミサトさんが僕にこの計画を黙っていたことに対する
ほんのりとあった怒りのようなものも、
その笑いによって薄まって消えてしまう。
「私、こういう事黙っているのは苦手だし、かと言って喋ってしまうのも苦手。
前にも同じ過ちをして、シンジ君にツライ思いをさせちゃったわよね…。」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。