目覚めよ、と呼ぶ声が聞こえ2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

何回か廊下を曲がり、やはり僕は以前目にしたことのある部屋に辿り着いた。
ドアは、やはり少し開いている。
ゆっくりとドアを開け、ゆっくりと中に入る。
中は前回と同じだ。しかし廊下が真っ暗なので、
今回は薄明かりが漏れている感じがする。
ゆっくりと進む。そろそろぶつかる筈だ、あの壁に。
どよん。たぷん。
やはり。

LCLで出来ているらしいその透明な「壁」は、今回も僕と彼女の間を隔てる。
向こうに座っているのは…、誰?
気配は確かに感じるのに、姿が見えない。
アスカはどこ?ここに居るはずじゃなかったの?

どこからも答えはない。自分の心音だけが、どくん、どくん、と響いている。
息を吸う。吐く。呼吸音は壁に吸収されていく。
まるでスキューバか宇宙遊泳か。
自分の心音と呼吸音だけがしばらく続いた。
どのくらいかは、わからない。ここには時間の流れがないからだ。
なんとなくだけど、そう感じる。
夢の世界でもあり、現実にも繋がっている、この奇妙な世界。
僕は次に起こる事をただ、じっと待つことにした。

「ちょっと、シンジィ、何ぼーっとしてんのよぉ」
え?
いつの間にか目を閉じていた僕は、その声に驚いて目を開く。
アスカだ。アスカの声だ。

「どこ?どこにいるのアスカ?」
僕は声を上げるが、やはりこの壁は今の僕の声を拒絶する。

「ん、ぁあ、ごめん。別になんでもないんだよ。」
「嘘。どーせ実験の事でも考えてるんでしょー。」
声は下から聞こえてきた。え?下?
床を見ると、そこに床はなく、僕の真下に、僕とアスカがいた。
見覚えがある。結婚して初めてのデートの時だ。

(まったく、今日くらい私の事で頭いっぱいにならないのかしら…?)
怒ったようなアスカの声が聞こえる。
これは、アスカの思い出の中なのだろうか…。
街中の雑踏もクルマのクラクションも、電車の轟音も、
何も今の僕には聞こえない。
僕に聞こえるのは、自分の心音と呼吸音、
そして下の2人の会話だけ。

いや、違う。この音はなんだ?
シンジが何かに気づき、ポケットをまさぐる。
瞬間、ものすごく気持ちの悪い何かが僕の心の中に侵入してくる。
この感じ、この心を雑巾のように絞り上げるこの感触。
これは、憎悪だ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。