19話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

言いながら既に鍋に水が張られ、冷蔵庫からベーコンとほうれん草が出ている。
ミサトさんが断るわけがないことを知っているから。
「ありがとう~。なんでもいいわよん。それより早くぅ~。」
浴室から返事が返ってくる。いつの間にかシャワーを浴びているらしい。
相変わらず早技だ。

そして測ったように、料理完成と同時にえびちゅを片手に風呂から出てくるミサトさん。
「きゃー美味しそうだわぁ」
「また、加持さんとは喧嘩ですか?」
「そーなのよ。またあいつ出て行っちゃってさ。」
ミサトさんと加持さんは、結局籍を入れたりすることなく、「事実婚」状態を続けている。
しょっちゅう喧嘩もするし、喧嘩すると交代で僕とアスカのアパートに
転がり込んできたりしていたのを思い出す。
加持さんが出て行くと、掃除や片づけをする人間がいなくなる。
つまり、僕の出番だ。もはや人生の半分を超えるほどの時間の付き合い、
ここまでは言われなくてもわかる。
でも今、加持さんはどこに泊まっているんだろう?

「ん?加持なら大丈夫よ。多分副指令のところで飲んだくれてるわよ。」
ミサトさんは、ちゃんとわかっていて、先回りして答えてくる。
どうでもいいけど、口の中のもの飲み込んでから喋った方がいいですよ…。
そこには心配とか不安とか焦りとかは微塵もない。
なんだかんだ言って、お互い信頼しきっているのがわかる。
それが、ちょっと羨ましい。
ミサトさんは、よほどお腹が空いていたのか、黙々とパスタを平らげ、
えびちゅを3本空にしたところでようやく満足そうな吐息をついた。
「はぁ~。久しぶりにまともな食事をしたわ。ありがとう、シンジ君。」

ミサトさんは、別に僕のことやアスカの事を聞こうとはしなかった。
それがこの人の優しさなんだよなぁ…。
僕が話すまでは黙って待っていてくれる。そんな人だ。
だから僕やアスカはこの人を姉と慕い、母とも慕った。

夜も更けて、僕が帰ろうとすると、
玄関先まで見送りに来てくれたミサトさんは
「でも、シンジ君が元気そうでよかったわ」
と微笑んでくれた。
「ごめんね、こんな理由で呼び出しちゃって。休暇もあと少しだけど、
うまくいくといいわね。」

僕にはわかった。
ミサトさんは全て分かっていて、だから僕を心配してこのような形で
僕を元気づけてくれたことを。
不器用なりに、一生懸命僕のことを考えてくれていることを。

「ありがとう。ミサトさん。」
僕はその後の言葉を出そうかどうしようか悩んで、結局止めた。
ミサトさんも何か言いたげだった。
その瞬間の表情、どこかで見たことがある。
普段のミサトさんはあまり見せない、悲しげな辛そうな表情。
でも、僕は何も気づかないふりをし、ミサトさんも次の瞬間は笑顔に戻っていた。

その日、僕は自分のアパートに帰ってみた。
ここを発ってから、そんなに日も経っていないのに、
自分の部屋が随分と殺風景な景色に見えた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。