18話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

携帯のバイブの音で目が覚めた。
アスカの夢。アスカの心。
直接、僕の中に流れ込んできた、アスカの今の気持ち。
あの想い出は、確かに僕の中でも大切なもの。
アスカの気持ちに気づき、僕の気持ちに気づいた、
その瞬間が同じ時、同じ場所だったなんて、
僕はしばらくその想いに耽り、バイブレータを全く無視していた。

ふと、その音源に焦点を合わせる。
「ミサト携帯」と表示されているのを見て、僕は反射的に携帯に飛びつく。
「おはよー、しんちゃん。休暇、楽しんでる?」
相変わらず脳天気な声だ。
でも、その声になんとなく癒される。
だから僕やアスカはこの人を姉と慕い、母と慕ったのかもしれない。

「え…、まあ、はい。で、どうしたんですか?」
寝ぼけた声は出したつもりはなかったのに、一発でばれた。
「あら、お姉さんモーニングコールしちゃった?ごめんね起こしちゃって」
ミサトさんは、申し訳ないんだけど、できればちょっと戻ってきて欲しい、
それだけ告げて、電話を切った。
理由は、教えてくれなかった。

そりゃそうだ、真剣に、若干深刻に、「戻ってきて」と言いながら、
理由がこんな事ならば、例え僕だって断っていただろう。
そして、しばらくミサトさんの携帯を着信拒否にしていただろう。
「ミサトさん…、いくらなんでも汚しすぎですよ…。」
その日3度目の掃除機のフィルター交換をしながら、僕は言った。
「ごみん…。ちょっち、散らかし過ぎちゃったかな…。」
その笑顔は何年経っても昔のままで、目尻の皺が多少増えた、
なんてことは口が裂けても言い出せない。

「はい、これで終了。燃えないゴミは明後日ですからね。
さすがにそこまで面倒はみられないから、自分で出して下さいよ。」
所要5時間半。燃やせるゴミ4袋、プラスチックゴミ7袋、ペットボトルと空き缶は…
数が多すぎてよく分からない。頑張ったぞ、僕www

「サンキューしんちゃん。ありがとう。恩に着るわ。」
と言ったところでミサトさんのお腹が鳴る。
「…。」
顔を見合わせた後、思わず吹き出した。

「そう言えばもう夕方ですよね。ついでに晩ご飯作りますよ。」
そう言うとミサトさんの目が明らかに輝いた。待ってたな、この台詞を。
「さっすがぁ~。しんちゃん、サービス満点ね!お礼に今度お昼ご馳走するわ♪」
お昼ご飯って言ってもネルフの不味い社食でしょ。
「とりあえず…パスタでいいですか?」
収納庫や冷蔵庫の中を一通り眺めてから、僕は言った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。