子供たちの歌は終わらない8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その瞬間、僕たちの足下にあった地面が消えた。
僕たちは、立ったままの格好で浮いていた。
眼下には蒼い星が見え、心地良い風が僕たちを包んだ。
「アスカ?」もう一度囁く。いつの間にか、僕は彼女の手を握りしめている。
振り向こうとして、また僕は自分が抱き留められている番になっていることを知る。
彼女の顔は見えなかった。でも、僕には確信が持てた。
この人はアスカだ。僕は独りではなく、アスカも独りではなく、
僕たちはいつもおんなじなんだ。傍にいなくちゃいけないんだ。
僕がアスカであり、アスカは僕でもあるんだ。
今僕は、どこかで眠っているだろう、アスカも同じ夢を見ていることを疑わない。
「アスカ、」僕は自分が今度は彼女を背中から抱き留めている番になってから、言う。
「待ってて。もう一度、君を迎えに行く。」
彼女が振り向いた気がした。
でも、顔が見える寸前に、目が覚めた。

しばらく天井にぼんやりと焦点を合わせていたが、
ふぅ、と溜め息をついてもぞもぞと起きあがる。
ふと、左手に熱いものを感じた。
まだしている、左手薬指にはまっている指輪。
今や、アスカとの唯一の絆とも思えるこの指輪。
熱い。火傷をしそうなくらい、熱を帯びている。
思わず洗面所に駆け込み、指輪を抜いて指を冷やす。

ふと、気づく。
抜かれた指輪には、刻印がしてあって、
そこには、「We need each other」と。
何故か、その文字が光ったように見えた。
そうだ、アスカの指輪にはこう彫ったんだ。
「We believe in one another」
それは、その時聴いていたお気に入りの曲の歌詞から採ったもの。
その歌はこう続く。
「I know we're going to uncover」


顔をばしゃばしゃと勢いよく洗い、僕は決めた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。