子供たちの歌は終わらない3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あんた、アスカにいいようにやられちゃってんじゃないの?
このままじゃ、シンちゃんだけじゃなくてアスカまでダメになるわ」
「え…でもミサトさん、アスカはそうしてあげなくちゃ…」
「それが甘いのよ。あんた自分の今の状況分かってて言ってるの?
利息だけで月の給料殆ど飛んでいくのよ、借金返す為に借金してるのよ、
破滅寸前なのよ!このままじゃネルフにだっていられなくなるわ…」

その後のやりとりはあまり覚えていない。
アスカには私から話してあげるから、とミサトさんが言ってくれたのに
ちょっとほっとした自分がいた。
それが、ショックだった。


今僕は自己破産手続きを終え、ネルフが用意してくれたアパートにいる。

お金も地位もなくしたけど、僕がなくした一番大きなモノ。
廊下を去りゆく彼女をただ見送ることしかできない自分。

「アスカ、なんでこんなことになっちゃったんだろう?」
「は?あんたバカぁ?そりゃああんたの稼ぎが私の予想以上に
悪かったせいよ」
「で、でも僕は僕なりに頑張ったんだよ、君を失いたくなかったから…」
「…」

アスカは何も言わなかった。けれど、僕には分かった。
彼女は心の中で泣いていることを。自分のおこないを後悔していることを。
彼女が押した離婚届の印鑑は少し滲んでいた。

でも、もう元には戻らない。

床に座り込んだまま、僕はマズイ酒に頼るしかなかった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。