夏侯淵


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夏侯淵  (かこうえん)


三国志大戦3より

Wikipedia
夏侯淵(かこうえん、ピンイン;Xiahou Yuan、生年不詳 - 建安24年(219年)1月)は、中国、後漢末
の武将。字は妙才。曹操夏侯惇の従弟に当たる。正妻は曹操の妻の妹(一説では丁氏とも)。
戦場においては急襲戦と兵糧監督などの後方支援を得意とした名将で、その迅速な行軍は
「三日で五百里、六日で千里」と称えられた。


略歴
曹操が県の長官の件で罪を受けた時、その身代わりとなった事がある。黄巾の乱の時に曹操が兵を挙げる
と、兵を率いて随行し、やがて陳留・穎川の太守に任命された。

官渡の戦いの後は、兗州・豫州・徐州の兵糧を取り仕切り、曹操軍の勝利に貢献した。また、数々の
反乱を平定し、曹操の勢力下の治安維持に貢献した。 建安14年(209年)、廬江の雷緒を破る。
その後太原の賊を攻撃。二十余りの屯営を陥落させ、頭目の商曜を斬首した。

建安16年(211年)、曹操軍の韓遂馬超らの征伐に従軍した。その後、張郃徐晃らとともに涼州の
諸勢力を討伐し、梁興宋建を滅ぼし、楊秋を降伏させ、韓遂・馬超の勢力を壊滅し、涼州を平定
した。韓遂との戦いでは敵の勢いを避けてその後ろにいる羌族を攻め、救援に来た韓遂を大いに撃破した。

建安19年(214年)、趙衢尹奉らが馬超討伐を計画、西城で挙兵した姜叙と通謀。馬超をだまして
姜叙攻めに出撃させ、その後方で馬超の妻子を殺害した。馬超は漢中へ脱走したが、張魯に兵を借り、
戻ってきて祁山を包囲した。姜叙らは夏侯淵に助けを求め、諸将は太祖の命令を待つべきと意見した。
夏侯淵は「公のおられる鄴までは往復四千里、返事を待っているうちに姜叙らは敗北してしまうだろう」と
言い、出陣した。馬超は夏侯淵軍の先鋒の張郃に攻められ、戦わずして逃走した。

建安20年(215年)、漢中の張魯が曹操に降伏すると漢中の守備を任され、征西将軍になった。 建安
24年(219年)、劉備と定軍山で対峙し、劉備は夏侯淵軍の陣営の逆茂木を焼き払った。夏侯淵は
張郃に東方の陣営を守らせ、自分は南方の陣営を守ったが張郃が苦戦したため、自分の兵の半分を
援軍に向かわせたところを、劉備軍の黄忠に攻められ戦死した(定軍山の戦い)。諡は愍(びん)侯。

夏侯淵はしばしば戦勝を収めているものの、曹操は「指揮官には勇気ばかりではなく、時には臆病さも
必要で、行動するときは知略を用いよ」と戒めていた。

三国志演義

『三国志演義』では、曹操の親族、夏侯惇の弟として早くから登場し、剛直な猛将で弓術に長けていた。
銅雀台落成の余興では、的に当たった4本の矢の真ん中を射抜く腕前を披露。

張郃とペアを組むことが多かった。定軍山の戦いにおいて法正の策を受けた黄忠によって討ち取られた。
彼の戦死を聞いた曹操は嘆き悲しみ、激怒したという。  
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル