王双


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

王双 (おうそう)

三国志大戦2より

王双(おうそう、?-228年)は、魏の武将。

228年冬、陳倉城を包囲していた諸葛亮兵糧が尽きて撤退した時に、王双は騎兵を率いてこれを
追撃したが、諸葛亮の反撃に遭って戦死した。

三国志演義では字は子全、隴西郡狄道県(現/甘粛省天水市)の人という設定になっている。
若くして曹真に従い、虎威将軍に任じられて諸葛亮率いる蜀軍と戦った。流星鎚の使い手であり、
蜀の謝雄らを討ち取り、張嶷に重傷を負わせるなどの活躍をしたが、諸葛亮の策を受けた魏延によって
斬り殺されている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル