袁紹


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

袁紹 本初 (えんしょう ほんしょ)


三国志大戦2より

Wikepedia
袁紹(えんしょう、Yuán Shào 生年不詳 - 建安7年5月(202年))は中国の後漢末期の武将・
政治家。三国志に登場する群雄の一人。字を本初(ほんしょ)。

豫州汝南郡汝陽県の出身。大将軍の何進と協力して激しく宦官と対立し、董卓の乱の際には
首都の洛陽より奔って河内にて兵を挙げた。後に河北四州を支配するまでに勢力を拡大したが、
官渡の戦いにおいて曹操に敗れた後、病死した。


後漢時代に四代に渡って三公を輩出した名門袁家の出身であり、その存在自体が周囲に影響力
を持っていた。
袁紹は袁成の子であり、袁術は袁成の弟(袁逢)の子であるとされている。ただし、『魏書』(王沈撰)
や『後漢書』(袁山松撰)によれば、袁紹は袁術の異母兄弟であるという。また、王沈らの説に基づけば、
袁紹は袁逢の庶子で、伯父の袁成の養子となって後を継いだという。

袁逢・袁隗の次の世代の袁氏宗族の長は袁紹と袁術のいずれか(あるいは袁基)と目されており、
都にいた地方の豪族子弟はこぞって両家に赴いた。しかし袁紹は袁術よりも名望高く、例えば何伯求
や許子遠らは袁術の門に赴かなかった。袁術はこれが面白くなかったようで、袁紹を嫌っていた。

叔父に袁隗、異母兄に袁基(袁術と同母兄弟)、息子に袁譚袁煕袁尚らがいる。また袁買という
人物には「袁紹の庶子」「袁尚の兄の子」という二説がある。



霊帝時代の大将軍・何進との縁もあり、若い頃から侍御史になり、中軍校尉、やがて司隷校尉まで
登る。霊帝の死後、何進にすみやかに宦官を排除するよう進言したが、受け入れなかった何進は逆に
宦官によって殺されてしまう。袁紹はこれを機に兵を動かし、宮中の宦官らを殺害、死者は誤って
殺された者も含め、2000人に及んだ。

董卓は少帝を廃して陳留王献帝)を立てようとした時、太傅の袁隗を叔父に持つ袁紹に相談を
持ちかけた。袁紹は表向き賛成したが、そのまま冀州に逃亡した。董卓はこれに激怒したが、その後、
名門である袁氏の勢力を恐れて、袁紹を勃海郡の太守に任命している。190年、董卓征討の兵を
起こし、連合軍が結成されたときは、名門であるため盟主に推挙された。この時、盟主に袁紹を推挙
したのは、曹操だったといわれている。


董卓征討軍が解散したのち、袁紹は華北への勢力拡張を始めた。191年に韓馥より冀州牧の地位
を譲り受け牧となり、197年に大将軍に任じられた。199年には、かねてより北方の覇権を争っていた
公孫瓉が篭る易京城を陥落させ幽州を手中に収め、更には青州や并州にも勢力を拡大し、肥沃な
河北四州を治めることに成功。同時代屈指の一大勢力を築きあげた。しかし、皇族であり人望のあった
劉虞の擁立計画は頓挫し、さらに献帝を曹操に先に擁立されるなどの失敗もあった。

その後、河南地方一帯を統一した曹操と対立を深める。中原の二大勢力と化した双方の対決は
必至であった。200年には、持久戦を主張する沮授田豊の言を退け官渡の戦いと呼ばれる一大決戦
に臨んだ(田豊は元々、曹操が河南攻略のために転戦していた留守を狙い、電撃戦で洛陽を奪取
すべしという策を進言していたが、袁紹は息子の病気を理由にこれを退けていた。その間に曹操は
河南を統一してしまったため、やむを得ず田豊は持久戦主張に策を切り替えたがこちらも袁紹は
受け入れず田豊を投獄し、結果的に時勢を読み切れずに機を逃がす)。

緒戦こそ、白馬・延津で顔良文醜らが討ち取られるなど出鼻を挫かれたものの、兵力・物資で勝る
河北軍はじりじりと陣営を圧迫し、一時は撤退を考えさせるほどの状況に曹操を追い込む。しかし、
陣中の不和から曹操軍に兵糧庫の所在が露見。それを焼き打ちされたことが大きな打撃となり、
また高覧張郃らの降伏などもあって結果的には冀州に敗走した。

この官渡の戦いで曹操と袁紹の勢力差が逆転したといわれることが多いが、敗戦後に冀州の各地で
袁紹に対する反乱が勃発したとき、袁紹はこれらを全て平定している。また、曹操も袁紹存命中は
侵攻しなかったため、敗戦後もその国力・勢力は曹操を上回っていたと思われる。
しかし、曹操との戦いで敗れた苦痛から病に倒れ、建安7年(202年)の5月に袁紹は死去した。


袁紹は、生前に明確な後継者を選んでいなかった。このことが彼の死後に災いして、長男の袁譚
末子の袁尚、そしてそれらを推す郭図辛評審配逢紀と袁紹が築き上げた強大な勢力が二つ
に分裂してしまう。そして、これに付け込んだのが曹操であった。袁譚、そして袁尚も骨肉の争いを繰り
広げる中で曹操に攻められ、各個撃破される形で敗北し、殺されてしまい袁家は滅びた。


『三国志』の編者である陳寿は「袁紹は威容は堂々としていて名は世に知れ渡り、河朔に割拠した。
しかし外面は寛大に見えるが、内面は猜疑心が強く、はかりごとを好みながら決断力に欠けていた。
良い人物がいてもこれを用いることが出来ず、良い言葉を聴いてもこれを実行に移すことが出来なかった。
長子を廃して庶子を後継に立て、死後に国を失ったことも不幸な出来事とは言えない」と評している。
なお、陳寿は袁紹と劉表を似た者と考えていたらしく、上の評をこの2人に対して送っている。曹操や
孫権の後継ぎ争いでも、庶子を後継に立てることを諌めるための悪例として、袁紹と劉表はしばしば
引き合いに出された。

『三国志』の記述は魏、すなわち曹操の一族を中心にした立場を取っており、曹操の仇敵に対しては
実質以上に貶されている可能性もあるが、概ね決断力の無さや器量の不足を指摘されている。一方
他の記述[要出典]として、魏が終わり晋の代になっても、河北では袁紹の統治を慕う声があったという。

歴史小説や三国志関連のゲームなどでもこれらに則り、育ちのいい坊ちゃんとして扱われることが多い。
なお袁紹は河北に割拠したことからしばしば「故郷は冀州」と誤解されることがあるが出自にある通り、
袁家は淮河流域の豪族であり、袁紹と冀州はほとんど関係がない(袁紹政権の構成員を見渡しても、
袁紹と直接血の繋がるのは息子のほかには甥の高幹だけで、曹操や孫権などに比べるとかなり少ない)。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル