于禁


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

于禁 文則 (うきん ぶんそく)


三国志大戦2より

Wikepedia
于禁(うきん、生年不詳-221年?)は、中国、後漢末から三国時代の魏の武将。字は文則(ぶんそく)。
子は于圭。兗州泰山郡鉅平県の人。


黄巾の乱に際して同郡の鮑信が義兵を募った時に、それに参加する。192年に鮑信が戦死すると、
兗州刺史となった曹操のもとに馳せ参じて、将軍の王朗(後に曹操に仕える文官の王朗とは別人)の
配下に加えられた。王朗は于禁の才能を高く評価し、優に大将軍とするに足るとして推挙した。
曹操との面談により軍司馬に任命された于禁は、陶謙が治める徐州の広威を攻撃、これを陥落させ
陥陣都尉に昇進する。呂布との戦いでも、張超が立てこもる雍丘を陥落させるなど功績を立てた。
夜襲をかけてきた黄巾残党の黄邵劉辟らを破り、黄邵らを斬り、残党をすべて捕虜とした。平虜校尉
に昇進した。また袁術配下の橋蕤の包囲に従軍し、橋蕤ら四人の将を斬った。

197年、曹操に従い宛まで行き張繍を降伏させた。その後、張繍が反乱を起こし、曹操軍は大混乱
に陥った。この時、于禁は一人手勢数百を率い、戦いながら退却したため、壊滅を免れた。途中、
曹操に寛大に扱われている青州兵が味方に略奪を働いたことを知ると、これを攻撃した。青州兵は
曹操に訴え出たが、于禁は弁明を後回しにし、敵の攻撃に備えて陣営を設けた。曹操は「そなたの
何事にも動じない節義は、古の名将に勝る」として賞賛した。

199年、曹操が袁紹討伐のため官渡に向かう(官渡の戦い)と、于禁は先陣を務める事を自ら望んだ。
そこで于禁に延津を守備させて、曹操は軍勢をまとめて官渡に引き揚げた。劉備が徐州で叛逆したので、
曹操は劉備を征討した。袁紹が于禁を攻撃したが、袁紹は陥落させることができなかった。また楽進ら
とともに袁紹の別働隊を攻撃し、袁紹の別陣三十余箇所を焼き払い、敵兵数千人を討ち取り、
敵兵数千人を捕虜とし、将軍の何茂・王摩ら二十余人を降伏させた。裨将軍に昇進した後、
官渡に帰還した。曹操は土山を築いて袁紹と対峙していたが、袁紹に矢を射込まれ多数の死傷者が
出て将兵の士気が下がったが、于禁が土山の守備を指揮し奮戦すると士気が盛り返した。袁紹を
破った後、于禁は偏将軍に昇進、その後も虎威将軍・左将軍と昇進を重ねた。

張遼張郃臧覇らとともに陳蘭・梅成を討伐した。食邑を二百戸加増し、以前と合わせて
千二百戸とした。

当時、于禁は張遼・楽進・張郃・徐晃とともに名将とうたわれており、曹操が征伐に出るたび、皆代わる
代わる、進攻のときは先鋒となり、撤退のときは殿軍となっていた。

于禁は人柄は剛毅で威厳があり清廉であったが、法律を重視して部下を統率した。また、反逆した昌豨
の鎮圧に于禁が当たった際、于禁が旧友であることを頼りに降伏した昌豨を、法に従って涙を流しながら
処刑したということもあった。このように法律を絶対視したため、あまり兵士・民衆の人望を得る事ができなかった。
曹操は朱霊の軍勢を取り上げる時に、威名が轟いていた于禁に数十騎を与えて指令書を届けさせた。
すると朱霊やその部将たちは反抗することなく于禁に服従した。そして朱霊を于禁の部下にしたが、みな
恐れて服従した。このように于禁は人々から一目置かれていたのである。


219年、劉備配下の関羽が襄陽に攻め込んでくると、于禁は援軍の将として出陣する。この時、漢水を
上るつもりで船を用意していた関羽に対し、陸路を伝ってきた于禁らは船を持っていなかった。そこに漢水
の氾濫が発生したため、于禁は龐徳と共に、なす術もなく捕らえられてしまった。龐徳は曹操への忠義を
貫いて打ち首となったが、于禁は関羽に降服して助命された。曹操は悲しみと嘆息を込めて「わしが于禁
を知ってから30年になる。危機を前にし困難に遭って、(忠義を貫いて死を選んだ)龐徳に及ばなかったとは
思いもよらなかった」と言ったという。

孫権が荊州を奪うと、江陵で捕虜となっていた于禁は、今度は孫権によって捕らえられる。曹操が亡くなり、
曹丕が禅譲を受けて皇帝となると、孫権は魏に藩国としての礼を取った。そして221年に、于禁は魏に
送り返されることとなった(孫権配下の虞翻は、忠義を貫けなかった者への見せしめに于禁を殺すよう
主張したが、孫権は取り合わなかった)。

魏に戻った于禁を待っていたのは、魏の人々からの嘲笑だった。于禁は鬚も髪も真っ白で、顔はげっそりと
やつれていた。曹丕は于禁を表向き慰め、安遠将軍に任命。呉への使者に任命するとして、
高陵(曹操の墓)を参拝させた。曹丕はあらかじめ、関羽が戦いに勝ち、龐徳が憤怒して降服を拒み、
于禁が降服したありさまを絵に描かせておいた。于禁はこれを見ると、面目なさと腹立ちのため病に倒れ、
死去した。
諡は厲侯。厲は災いを意味する。于禁は死後までも嘲られたのだった。
北宋の司馬光は『資治通鑑』で、「文帝(曹丕)はこれ(于禁)を罷免することも、殺すこともできた。
それなのに陵屋に(降服したありさまを)描かせてこれを辱めた。君主のやることではない」と、曹丕の仕打ち
を批判している。


三国志演義
演義では史実に基づいた描写は少なく、もっぱら悪役として登場する。曹操に降伏した劉琮を、曹操の命
で暗殺したり、龐徳の忠義を疑う場面があり、扱いは奸臣曹操の忠実な手先として貫徹している。哀れな
最期を促すためか降服の場面では惨めな命乞いをしている。この描写は処刑された龐徳の忠義心を、
より引き立てることになっている
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル