于吉


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

于吉(うきつ)

三国志大戦1より

Wikepedia
于吉(うきつ、?-200年)は、後漢末期の道士。男性。

琅邪の道士。その先祖以来、東方に萬居をし、呉会(呉郡・会稽一帯)を行き来して精舎
(道教徒の集まる教会)を建て、香を焚き道教経典を誦読し、符や神聖な水を用いて病気の治療
を行っていた。呉会の人々には彼を信仰するものが多かった。 順帝のときのこと、薬草を採りに山に
入ったところ、曲陽の水辺で白い絹に朱の罫を引いた神書『太平清領道』百余巻を手に入れた
とされる。


三国志演義
『三国志演義』では、許貢の食客に襲われた孫策がその時受けた怪我の療養中、袁紹のもとから
使者として訪れた陳震をもてなす為に、呉郡の城門の楼の上で部将や賓客たちと宴会を開いている
時に登場する。
于吉は、ちょうどそのとき盛装をし、漆で絵が画かれた小さな函を地に引きずりながら、その門の下を
小走りに通り過ぎた。彼は「人々の病を治すありがたい仙人」として知られていた為、部将や賓客の
三分の二までが、楼を降りて于吉を出迎えて礼拝し、宴会係の役人が大声を挙げてそれを禁じても
やめさせることができなかった。孫策は、あのような妖術使いは人心を惑わせる者だと、ただちに命令を
出して于吉を捕らえさせた。于吉を信仰する者たちは、みな妻女たちを孫策の母親のもとにやって、
彼の助命を請わせた。そこで孫策は呂範の献策により、于吉に「干ばつが続いているから雨を降らせて
みろ。降らせることができたら命を助けてやる」といい、于吉は祈祷を行った。

なかなか雨が降らないことに業を煮やした孫策が、于吉の周りに積んだ柴に火をつけ焼き殺そうとすると、
たちまち激しい雷雨が起こった。部将たちはこれで于吉は助けられると思ったが、「天候が人に動かせる
わけが無い」と、孫策は于吉を殺してしまった。しかしみな于吉が死んだとは信じなかった。また、市中
に晒しものにしておいた于吉の遺体もその夜消えてしまった。

于吉が死んで以後、孫策はたびたび于吉の幻影を見るようになる。母の勧めで道観に行くと、香の
煙りの中にも于吉が現れた。その後もこのようなことがたびたび起こり、ある日疲れ果てた孫策がやつれた
自分の顔を見ようと鏡を覗くと、于吉の姿が見えた。後ろを振り返っても誰もいない。彼が鏡を殴りつけて
絶叫すると、体中の傷口が裂け、まもなく死んだ。

演義の話は、『捜神記』の記事を元にしている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル