伊籍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伊籍(い せき)

三国志大戦3より

Wikepedia
伊籍 (い せき、生没年不詳)は、中国の後漢から三国時代にかけての人で、蜀の政治家。
字は機伯。兗州山陽郡の人。

はじめは劉表に仕えたが、劉表の死後は劉備]]に仕えた。外交官として大いに活躍し、
劉備が蜀を支配すると、左将軍従事中郎に任命され、簡雍孫乾らに次ぐ待遇を受けた。
外交官として、呉の孫権との交渉役を主に務め、孫権にその能力を高く評価された。
それらの功績により、昭文将軍に昇進している。行政手腕にも長け、諸葛亮李厳と共に、
蜀の法律である蜀科を起草した。

三国志演義
三国志演義では、劉備の乗っている馬が凶馬的盧であると教えたり、蔡瑁による[[劉備暗殺
計画]]を伝えたりすることもしている。また、馬良馬謖兄弟を推薦している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル