※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴァイレサック生物


植物


目次

  1. 鉱樹類
  2. セフィロト
  3. 固有種
  4. [[]]
  5. [[]]
  6. [[]]

概要

ヴァイレサックには、惑星固有の植物と、地球産や他の惑星系で進化した植物と、それらの植物から人工的に生み出された、遺伝子改変植物が存在している。

大半の人工植物は野生化し、それぞれの原産固有種と交じり合い、また新たな種を生み出している。

ヴァイレサックの植物の大半は、裸子植物様の種が大半で、胞子状の種を風によって撒いたり、菌糸を伸ばして分裂したりして繁殖するものが一般的である。
ヴァイレサック原産の生物は、同じ情報が繰り返し現れる、長大な捩れた1本鎖の遺伝子と、をれを纏める機能をもつ単機能型の補助形質を基本としており、その不安定さの割には、比較的巨大な陸上生物も存在している。
核酸を構成する塩基については、地球産生物とは違い、4~9種類の有機化合物を利用し、3種類以上の複数の進化樹を構成している。

また、地球や他星系からの移植植物との相関関係によるランナウェイプロセスを経て、独特の生態系を作り上げている物も見られる。

単独で見た場合、地球産の植物や、それ以外の星のから移植された植物もそれぞれ独自に繁茂しており、貧弱であったヴァイレサックの生態系を強化している。

ヴァイレサックの生命は、地球と比べて数億年の単位で遅れて(地球より寒冷であったため、より早く冷え、惑星年齢の早い段階から生命の進化がスタートしている)生まれているため、地球産の、数十億年の進化のレースに勝ち残ってきた生命達より、遥かに脆弱な防御機構や繁殖系しかもっていない。

本来であれば、地球産の生命には全く太刀打ちできない可能性が高かったのであるが、若く、脆弱であったが故に、選択的に持ち込まれた他星系産の植物が入り込まない、生物学的な空白地を上手に活用する事で、見事に生き残っている。

ヴァイレサックの植物の中には、二つ以上の性を持つ種も存在しており、環境や状況に応じて、驚くほど姿を変えてしまうものもある。

主な地球産植物のなかで、ヴァイレサックに適応した植物は、杉、檜、松、楡、樫、ブナ、イチイ、銀杏、楓、椛、モミジ、アカシア、ポプラ、ヤシ、ナツメ、竹、梅、桜、ヤナギ、ガジュマル、マングローブ、ハンノキ、カリン、ナシ、メドラー、りんご、杏、梅、さくらんぼ、モモ、アーモンド、銀杏、クリ、胡桃、ペカン、アケビ、イチジク、カキ、キーウィ、グミ、ざくろ、木苺、クランベリー、クワ、スグリ、ナツメ、コウメ、ブドウ、ブルーベリー、ブラックベリー、みかん、伊予柑、オレンジ、カボス、グレープフルーツ、ダイダイ、デコポン、八朔、ナツカン、ゆず、ライム、ベルガモット、レモン、オリーブ、ビワ、アセロラ、アキー、アボガド、キワノ、グアバ、ココナツ、スターフルーツ、タマリロ、ドラゴンフルーツ、ドリアン、ナツメヤシ、パイナップル、パパイヤ、バナナ、ババコ、フェイジョア、マンゴー、マンゴスチン、ライチ、ミラクルフルーツ等

小豆、イチゴ、インゲン、エンドウ、エダマメ、オクラ、カボチャ、キュウリ、キワノ、ゴマ、ササゲ、シイタケ、シロウリ、スイカ、ズッキーニ、ソラマメ、大豆、チョロギ、ゴーヤー、トウガラシ、トウガン、トウモロコシ、トマト、ナス、ナタマメ、ニガウリ、ピーマン、ヘチマ、ペピーノ、マイタケ、マクワウリ、メロン、カンピョウ、落花生、レンズマメ、アスパラ、ウド、ザーサイ、サトイモ、ジャガイモ、ショウガ、タマネギ、にんにく、ネギ、ヨウサイ、ラッキョウ、レンコン、ワサビ、カラシナ、キャベツ、クレソン、ケール、コマツナ、ゴボウ、サンチュ、サントウナ、春菊、セリ、セロリ、タカナ、チンゲンサイ、ニラ、ノザワナ、ハクサイ、パセリ、フキ、ほうれん草、ミズナ、ミツバ、メキャベツ、ルッコラ、レタス、カブ、サツマイモ、サトイモ、大根、ナガイモ、ニンジン、ヤマイモ、アーティチョーク、カリフラワー、ブロッコリー、キク、ミョウガ等が存在し、他にもバラやユリ、蘭といった、さまざまな草花が移植されているが、大半は、原種より、よりヴァイレサックの気候風土に合わせて遺伝子改変された種となります。

目次

  1. 鉱樹類
  2. セフィロト
  3. [[]]
  4. [[]]
  5. [[]]
  6. [[]]