※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴァイレサック知的種族


シリレス人=ヴァイレサック人


概要

基本的に地球に存在するあらゆる肌、目、髪の色が存在し、更に金や紫の瞳や、紺や紫といった頭髪まで追加されています。
外見的特長としては、混血が進んだ後、この星での生活から、島嶼化によって小型化したり、極地での生活から体系が丸くなっていたり、肉食による体の大型化や、草食による腸の伸長と胴体の延長等、様々な特徴が、改めて加わっています。

遺伝的には、凡そ地球産の人類と同様ですが、原人間は極少数で、大半が何らかの遺伝子操作を受け、様々な部分で強化されています。

また、魔法を使える、前頭葉に脳波の共鳴増幅器官を持つように改造された者も存在しています。
こちらは外見的には一般的な人類と殆ど変わりませんし、交配も可能です。


他にも様々な亜種(バイオロイド起源)も存在します。
特に特徴的であるのが、額に第三の目を持っていたり、尖った耳に菱形で真珠色の器官を備えている者、それから3メートルを超える巨体にまで成長する種族、さらに、微細機械を介し、巨大な鉱樹類との共生関係に特化した長命種族などです。


目次

  1. シリレス人(設定上は『ヴァイレサック人』です)
  2. 地球人
  3. プリマ
  4. ヴォル
  5. 妖魔
  6. 精霊と妖精
  7. セフィロト






-