※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生物@ヴァイレサック


目次


概要

ヴァイレサックの生物

ヴァイレサック固有の生物に、他の惑星系から持ち込まれたもの、それから地球から移植されたものと、複数の進化系統に属する生物が存在し、更に、そうした生物を改造した、遺伝子改変生物や、微細機械共生生命、微細機械群体などがいます。

この世界で、もっともユニークな存在といえば、20種以上も存在する、ドラゴンと呼ばれる種族です。

元々は、大崩壊以前に遥か他星系から移植された生物で、大崩壊の直前には、地球系列の知的種族に対する遺伝的な刷り込みの改造が行なわれ、知性化の直前の段階まで到達していた存在です。

この惑星に移植されたドラゴンのなかで、最大の種族は海洋性のリヴァイアサンと呼ばれる種族ですが、飛竜や地竜(地竜は遺伝子改変された地球産のサイです)、と呼ばれる、人が好んで使役する中型のドラゴンであっても、飛竜で翼長十メートルを超え、地竜といえば、体重6トンを超える個体も存在しています。

もちろん地球から移植された牛、馬、豚等も、この星で野生化しています。
因みにヴァイレサック原産の生物は、捩れた1本鎖の遺伝子と、をれを纏める機能をもつ単機能型の補助形質を基本としており、その不安定さの割には、比較的巨大な陸上生物も確認されています。

大きな部分を見れば、地球系列の生命とは全く似通った部分は見えないが、4足以上で歩行する生物は基本的に三点支持歩行を行なっているし、さらには2種(群体生物の中には5種以上の性をもつ生物も確認されている)以上の異なる性(主に不安定な遺伝子を補完する機能をもつ)を発達させていたり、地球の白亜紀の頃に存在した可能性の高い、豊かな生態系を作り出しています。





-