※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大航海時代

The Frontier Era


不老化技術と光帆船の時代



西暦2100年代後半。

人類が宇宙時代を迎えるのと同時に、同じく人類の夢であった「抗老化」「抗加齢」技術の究極とも言える、『不老化技術』をも手にしていました。

有人火星探査も継続的で半ば恒常的な、資源及び移住計画のための探査計画へと移り変わっており、月には数万の単位で人々が暮らし、軌道上には無数の宇宙ステーションと植民衛星が建設されていました。

そして、広大な宇宙を行き交う宇宙船のエネルギーとして、最も経済的とされたのが、光帆船と磁気帆船でした。

月の資源や小惑星帯の開発で得られた安価な資源を利用して建造された、無数の帆船。
長大な超伝導コイルで編まれた巨大な反射帆と、初期加速に固定式の推進レーザーを利用した無数の帆船が、太陽系全域で活躍をしました。

寿命というものを意識しなくなった人々にとって、惑星間航行に必要とされる数年単位の航海日程など、なにほどの事でもなかったのです。

宇宙船内では、微弱な太陽光でも繁殖可能な藻や海草の類から、長期の航海で必要とされる莫大な量の水や食料の全てを、極僅かな質量と空間を割くことで自給しています。
人の存在は僅かに何かあった場合の責任をとる事のみとも言えるほどにまで自動化され、航行中の無為な待機時間も電脳技術が癒してくれました。

ただし、不老化技術も電脳技術も全ての人々に行きわったわけではなく、その恩恵は、圧倒的な経済力と軍事力によって地球を支配していた、大多数の枢軸諸国出身者と、裕福なイスラム諸国の一部の人々、そして、幸運だった極少数の連合国出身者、もしくは、光帆船の船員達にのみ許されていただけでした。

出産制限の行われていた地上に暮らす、大多数の貧しい人々にとって、宇宙とは飢餓も病気も、寿命すら存在しない、まさに天国そのものとなり、無数の植民衛星への移民(棄民とも呼ばれた)こそ、その夢の生活を手にする事が可能な唯一の片道切符となっていたのです。

そうして数十年が過ぎる頃には、圧倒的であった枢軸諸国の支配体制は、ますます強固に、磐石のものとなり、危険な外惑星系の衛星群での開発や、金星や水星といった劣悪な労働環境の元で働く者達の大半は、枢軸諸国出身者以外の者達だけで占められるようになっていきました。

辺境では叛乱や暴動の類も頻発しましたが、永遠とも呼べるほどの時間と圧倒的な軍事、経済力を誇る枢軸体制を、小揺るぎもさせる事はありませんでした。




外惑星系植民連合の成立


それはあくまで、土星の衛星群に存在した資源採掘と加工関連設備に対する、地球系の企業連合による買収と寡占状態からはじまり、大規模な抵抗運動へと発展しました。

結果としてそうした動きは全て鎮圧されるか、自然終息していきましたが、幾つかの成果が残されました。

その一つは、それまで地球圏にしか存在していなかった、造船技術をもった無数の小規模工廠が小惑星帯をはじめ、火星やさらにその先の外惑星系にまで存在するようになったこと。

そして、宇宙海賊の登場です。



停滞期について


西暦2100年頃から始まった宇宙時代の特徴として、寿命捨てた人々の生み出した高度で退廃的な文化と、植民人工衛星の劣悪な居住環境から生まれた独特の生活習慣。
そして、新規技術の発明・発見の停滞があります。

停滞期は、不老化技術の原則禁止がなされる西暦2500年代まで、およそ数百年にわたって続きます。


  • テスト -- (海松房千尋) 2009-11-01 19:24:45
  • テスト
    -- (海松房千尋) 2009-11-01 19:27:08
  • mixiコミュで作成はじめます♪
    よろしくお願いします! -- (海松房千尋) 2009-11-12 19:22:08
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る



合計: -
今日: -
昨日: -