※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

妓楼@アルールシア帝国文化



妓楼


概要


遊廓の事。
公的に認められた遊女を置く場所、建物。

神殿の巫女による接待を起源としている。

都市部にしか存在しない。


遊女には公的に認められた公娼と、認められていない私娼がおり、私娼は取り締まりの対象となるが、一般的には黙認されている。



売買春について


人間の社会では、政府の許可が無い場合は違法行為となり、売買春についても、一般的にも褒められた行為ではないものとされているが、プリマの土地や、政府の統制の及ばない辺境地域では、女性が結婚の際の持参金を稼ぐための一手段(地球の場合は古代の地中海地域から中東、現在でもアフリカやアジアの少数民族にはそうした習慣が残っている)に過ぎないものであったり、神事としての売買春(閉鎖環境で親族婚が繰り返される遺伝的な弊害を防ぐ効果があり、地球でも古代から一般的に行われている)が行われている地域が存在している。

男性社会における売買春の形態では、女性側に選択権は存在せず、基本的に悪いものであり、汚いものとする地域が多く、女性社会を主体とする売買春の形態では、女性側にこそ選択権が存在し、選択可能な職業の一つにすぎない場合が多い。
(基本的には過去の地球に存在したものと同じとする)




-