※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

傭兵と自由戦士@アルールシア帝国軍事


目次


概要


社会の変化と共に傭兵の需要が高まっている地域が多くみられます。
中には、国をあげて傭兵家業に力を入れているところもあります。

封建体制下の小領主達の勢力争いの結果として、領土を失ったり、主を失った騎士達が、戦果を上げる事で、新たな封土や主を得るため、戦場を渡り歩いたのが自由戦士のはじまりである。

それに対して、平民で、税を払えない者が、納税の代わりに労役を行う制度があり、それがその後、農業生産力の向上と人口増加と共に、農村部の余剰人口の一部が、税の軽減を目的として労役を専門に行うようになった。
それが常態化していったのが傭兵の起源となる。

当然、自由戦士は元が騎士であるため、騎兵としての能力もあり、専門の教育を受けている場合が多く、どこにいっても重宝される傾向が強いが、傭兵に関しては、使ってみるまで、戦力としてどの程度期待できるかわからない上に、税逃れの厄介者としての印象が強い。


自由戦士が登場する場面





傭兵が登場する場面






-