※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

騎士@アルールシア帝国


目次


騎士(カルバレオラ)


概要


一般的に使用される、あらゆる武器に精通し、騎兵としての訓練を受けた者。

騎士は、それぞれ一定の領土をもつ領主である。
アルールシアでは、領土を持たない騎士も多いが、他国では、領土を持たない騎士は騎士とは認めていません。
騎士達は、その領土からの収入によって兵を養い、戦時には兵を率いて戦うことになります。

一般的に、軍の最小単位が、騎兵である騎士とその兵達となっています。

通常領主は国王から騎士の任命権を与えられ(人数制限が存在する場合もある)、自身の封土をさらに配下の者に与えて騎士とします。
その際、それぞれの封土に応じて、有事の際に動員する兵力の規模や期間等細かな契約を結ぶ事になります。

騎士達は、七歳で他の騎士の小姓となり、一四歳で従者となって、装備を揃える事が出来れば、通常二一歳で騎士になります。
ただし、装備がなければ騎士にはなれません。
総額は牛二四頭分に相当します。
これは武具以外に、馬が三頭に従者一人が必要になるためでもあります。

騎士の生活と、領内を守る一つの軍隊(騎兵である騎士と歩兵数名。従者が歩兵を、歩兵が従者を兼ねる場合もある)としての体裁を調えるには、最低でも一〇〇人近い人々が暮らす村がまるまる一つは、必要になります。
もちろんもっと広い領土と大きな軍を持つ騎士も存在します。


一代限りの名誉職のような身分だが、一応土地の所有権があり、封土を与えられる事もある。
与えられた封土については、後継者を指名、もしくは推薦する権利があり、通常は自身の子供を指名し、騎士位を継がせる事もできる。


騎士団はカルバレリ。


騎士の生活










-