※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前

Ulloa ウリョーア


キャラクタータイプ
フリー・キャラクター(F)

種族
シリレス人 人族

生没年月日
3967年~

外見
美形だが冷たい感じは与えない
凛々しい顔立ち
黒い影が入る青い瞳
薄い赤毛。
日差しによっては、燃えるような、と評される金髪に見える

少年のような体型
背中からわき腹にかけて大きなアザ(このためいわゆる「女の武器」を使う仕事には就かなかった)

身体的特徴
非常に身軽
痩せて見られがちだが、鍛えられているだけ
鍛えられているがやわらかく柔軟な筋肉

略歴
ミラ・サルナ近郊のイェルケ出身。
生まれて間もなく里子に出されたがネル動乱の後、困窮した里親に売られる。
ナバテラの南方、ティネニリの対岸にある小さな集落で育つ。

表向きの経歴
孤児として、ネル郊外の神殿で育てられ、一二才で同じ神殿で育った行商人の下に引き取られ、その後ネルを中心に、北のハイズリーやハイズ領を巡っている。
ウリョーアを引き取った行商人は昨年引退し、ウリョーアがその跡を引き継いでいる。



補足:ダーラン系の家族。実はウリョーアは名前ではなく姓。ダーランで政争に破れて没落した貴族(子爵)。家族はコカースニーで商人として成功し、ウリョーアを探している。預けた里親も死に、売られた先もわからないため再会は諦めている。
わき腹の痣が証拠。
本名はクリスタル(Cristal Ulloa Duque、クリスタル・ウリョーア・ドゥーケ)

表向きはエディウス神とされているが、実際にはシリレス女神系のウリアス(シリレスの娘)神殿(独立系神殿)仕える巫女。
大地の守り手として、直接「良き死」を与える役割を担う。

3982年に初仕事。
以後ネル騎士団領を中心に活動している。

特記
各地のエディウス神殿に、秘密の連絡場所がある。
生命のマナを制御し、肉体強化系の魔法を使う。
接触によって相手のマナを制御する事も出来るが、当然相手も自身のマナを制御可能となるため、危険が大きい。
相手がマナを扱う方法を知らない場合にのみ使用。


その他
CASE02の主人公
テストケース

作者
海松房千尋

作者からの一言
テストケース02




-