※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルールシア帝国@ヴァイレサック

歴史


第三期


概要


黄昏の人々

地上に降りた時、残っていたのは僅か200ほどの人々だけであった。
天の力を失ってしまった黄昏の神々は、自らの力を分割し、全ての人に分ち与えた。
これがシリレスの民の始まりである。

神々の力を僅かなりとも手に入れた事で、人々は再び世界に満ちてゆく事が可能となった。
世界には精霊がおり、竜がおり、そして神々の力を手にした人々がいた。

しかし、1000年に渡って続いた地上の楽園は、唐突に終焉の時を迎える。