※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴァイレサック生物


植物


目次

  1. 鉱樹類
  2. セフィロト
  3. 固有種
  4. [[]]


概要


グリンチャ(グリンチヤ、グリンテ、クリンタ)

シダのような形態の裸子植物。
花毛から非常に良好な植物繊維が収穫可能。
熱帯から温帯、亜寒帯の一部にまで分布し、布の事をグリンチャと呼ぶほど。
通常色は悪いが、収穫期に乾燥を必要としない。


フェータ(フェータベリー)

苔(たい)類の一種とされるが、春先に、直径1~2センチほどの、寒天質で酸味の強い赤い半透明の実をつける。
シャーレーヴィス以北のディータ大陸の東方一体に広く分布する。


パオエラ

三年ほどで二〇メートルを超える成木に成長する広葉樹。春に幾つかの枝に花を咲かせ、秋には小さな実を付けるが、食用には適さない。途中にほとんど枝を付けず、真っ直ぐ垂直に成長するため、良質な家屋の材料となり、また、成長が早いため燃料の薪として使われる。
遺伝子改変済みのポプラ。20世紀末には米国で同種のポプラが2×4材の原材料として栽培されていた。