※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生物ヴァイレサック


陸棲生物



概要


サミー(フォペロス Mega Phoberos Vwilzack)


遺伝子操作された、巨大なげっ歯類。カピバラの仲間だが、やわらかい土に穴を掘って生活する。
ポニーほどの大きさにまで成長し、100日~200日毎に7~8匹の子供を生む。
ドラゴン等の大型捕食動物の大好物であり、人もこの動物を家畜化している。
肉質は硬いが、旨み成分が多く、滋養に富む。雑食だが基本的に水草や藻などを好んで食べる。
ソーセージやハム、それから臓物料理などで食する。


ヴォーグ(Canis lupus Vwilzack)


ヴァイレサック固有のオオカミ。シベリアオオカミとメキシコオオカミを起源とするが、遺伝子操作の形跡がみられ、人慣れしやすい。
平均すれば体胴長100~180cm、肩までの体高60-100cm、体重は60kgほどだが、これよりも二回りほど大きな個体もみられる。
群れは雌雄別の順位制を伴い、通常は繁殖ペアが最上位であるが、順位はときに交代する。順位は常に儀式的に確認しあい維持される。群れはたいてい繁殖ペアの子孫や兄弟で血縁関係にあることが多い。他の群れを出た個体が混ざることもある。
基本的には地球産のオオカミと同様。


シャグ(シャガラ )


サミーの近似種だがさらに大型化しており、ヒュヨ等の寒冷地のステップやツンドラ地域にも見られる。長くて水を弾く空洞の多い毛と、短くてやらわらかい二種類の毛に包まれ寒さに強い。
サミーと違って穴を掘らず、群れを作って生活している。また、肉質も良く良質な毛皮が採れるため、ヒュヨでは家畜化している。






目次






-