※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルールシア帝国経済


信用経済


概要


アルールシアの信用経済の発展は、貴族達による土地の利用権売買や貸借権の譲渡が認められた事によって成立し、両替商の銀行化によって発展した。

既にロマたちの生活の中から生まれた為替や外貨取引、債権の売買等の他に、金貸しや高利貸し、両替商達の貸付け等による小規模な信用創造のシステムは存在していたが、金で貴族位を手にした者達による領国経営等の影響から、国家規模での統制が囁かれるほどの政治問題化している面もある。

また、景気循環については、信用経済の発展が著しいとは言え、全体としてみた場合の商取引の大半が、まだ物々交換に頼っている現状があるため、信用不安による経済危機については影響はほとんど無い。


切手と手形。
切手は主にエディウスとトーラボーラの神殿が発行している。
定額の切手が一般的。

また、手形については各地の商館で独自に発行しているが、エディウスもしくはトーラボーラの神殿で契約の印を受ける必要があり、それが無いものは法的な効力を持たない。

アルールシア帝国やその周辺国では、切手や手形は一般的には使われていない、18種類の文字と記号だけを使って記載されており、各地の神殿では毎日浄化の祈りを捧げている。











-