※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジューダス




特徴・コメント

  • HP480
  • テイルズオブデスティニー2から参戦した仮面ストーカー。反撃を受けてでも自分の決め姿を残そうとする姿は尊敬すら覚える。
  • ダッシュやエアダッシュ、歩きやバクステ、後ろエアは遅め。ジャンプ力は高め。
    前エアダッシュは少し曲線を描きながら前に落下していく。
  • 晶術はコンボに組み込むとTPを消費するので、開幕は消費しないコンボから。
  • カイルとは違い詠唱キャンセルにTP消費はなく、無詠唱のみに消費がある。もちろんTP不足だと術の無詠唱と詠唱キャンセルができない。
  • 全キャラ中一番HPが少ない。無論ちょっとした大コンボを食らうだけであっさり逝ってしまうので立ち回りに注意が必要。
  • 秘奥義はもちろんほとんどが反確。闇の炎に抱かれて馬鹿なっ!に本当になってしまうので秘奥義を使うタイミング、位置が重要になる。
  • カイルとは違ってこちらは個性のある技が多く火力は少なめ。何故か某王国客員剣士の技も使える。
  • 義憐聖霊斬が成功すると仮面が脱げて一部技が仕様変更&解禁されたり秘奥義の仕様が全体的に変更される。(反確無し&義憐聖霊斬確定成功)
  • 成功すればその試合中は仮面が脱げたままなので戦闘を有利に進めることができるが義憐成功はなかなかのロマン。過去を断ち切らなくても十分強いので成功を狙うより保守的に進めたほうが安全かも。
  • OVL効果は
    • OVL1:義憐聖霊斬解禁&義憐聖霊斬成功確率上昇+義憐成功後であれば崩龍斬光剣仕様変更+魔人千裂衝仕様変更+翔破裂光閃解禁
    • OVL2:義憐聖霊斬成功確率大上昇+無詠唱による消費TPなし
    • OLV3:義憐聖霊斬確定成功+全晶術を無条件無詠唱+晶術に関するTP消費全てなし


技解説


  • 連携は通常×3→Cor↑C→特技→追加特技→下級術→奥義→上級術or秘奥義
  • 一部特技は追加特技がないものがある。
  • 義憐成功後に性能が変化する技&使用可能になる技がある。
  • 秘奥義は奥義からの連携発動なので上級術の後には入れられない。
  • 特技がヒットしなくても追加特技は発動可能。

■通常技■

コマンド 威力 備考
A1 6 斬り下ろし。やや判定が広い。
A2(B) 5 踏み込んで短剣で突く。こちらは判定が狭い。
A3 8 踏み込んで続けざまに斬り下ろす。範囲が小さく、場合によっては一発だけ外れるということも。
C 10 二刀を思いっきり叩きつける。範囲は狭いが踏み込むので問題ない。
↑C 8 短剣を振り上げる。敵を浮かせることができるが、早く技にキャンセルしないと距離が離れてしまう。
JA 6 短剣を振り下ろす。空中の相手に当てるとのけぞり時間が長いが、着地硬直が長いのでその後にAに繋げるには至難の技。素直に特技に繋げよう。


■特技&追加特技■

技名の前に*がついている技は義憐聖霊斬成功後に発動できる技。

名称 コマンド TP OVL 空中 威力 備考
飛連斬 ↓・←・A 8 二刀で敵を斬り上げる特技。性能が安定していて技の連携がしやすい。どの特技をするか迷うなら、とりあえずはこれをうって飛連双閃をするといいだろう。空中発動すると始動は慣性を受けつつも右斜め下方向に微前進し、切り上げは慣性を完全に無視して放つ。空中ダッシュと併用して打つことにより、ダッシュの曲線からずれて下の敵を拾えるので位置調整に使える。だがコマンドの組み合わせ上、空襲剣に化けやすいので同じ性質をもつ双牙斬のほうが威力ともに優れているのでこっちのほうがいいかも。
飛連双閃 飛連斬or双牙斬後A 12 空中から斬り下ろした後にすかさず斬り上げる追加特技。飛連斬を使った際には必ずと言っていいほど使用してほしい。飛連斬を打った後に他の技につなげることをなにも考えずに着地してしまうと敵に先に受身をとられ、場合によっては拾われてしまう。
双連撃 ←・↓・A 16 踏み込みつつ何度も斬りつける。ヒット数の多さからTP回収に向いている。TP、OVLともに回収率の悪いジューダスには重宝できる技。威力も他の得技と遜色ないので、TPに余裕のない序盤などは狙っていこう。
双連衝破 双連撃後A 9 双連撃の後に、敵に跳びかかりつつ斬りつける。双連撃+これで特技でもそこそこの威力がある。双連撃を打った際にはこれにつなげるべきだろう。
幻影刃 ←・→・A 15 突きの後に敵の後ろに回りつつ切り抜ける技。最初の突きが当たらないと切り抜けに派生しない。単発威力が原作よろしく高いが、幻影刃の後にも他の技につなげようとするとジューダスが相手に背中を向けたままになってしまっているのでほとんどの技があたらない。かろうじて密着していれば千裂虚光閃が入るくらい。が、そんなことをしてもメリットは1つもないので幻影回帰に派生安定。
幻影回帰 幻影刃後A 12 幻影刃の後に再度敵を切りつける技。壁端だとこの斬りつけが当たらない場合があるので注意。単発ヒットにして高威力、幻影刃のめくり回避などいろいろお世話になる技。またこの後タイミングが難しいが月閃光へとつなげることができる。
*幻影刃D ←・→・E 9 義憐成功後に使用可能。こちらは一瞬で切り抜けるリメD版幻影刃。発動可能条件のシビアさもあってか発生が早い&範囲広いという高性能。幻影刃と比べて威力が低いので奇襲や立ち回りなどに使おう。
A追加入力でさらに幻影刃Dで帰ってくる。幻影刃D単発だと背中を向けたままになり技が空振ってしまうので素直にA追加入力推奨。
月閃光 ←・↓・→・A 12 鋭い斬り上げで月を描く技。範囲が広く持続もあるので、突っ込んできた敵を狩るなどできる。もちろん原作同様詠キャン可能。全技中でおそらく最速と言っていいほどの出の速さで、わずかな隙間を作ってやれば一方通行ループをかなり作ることができる。
月閃虚崩 月閃光後A 10 月閃光から更に鋭い斬り下ろしで月を描く技。やや踏み込む分月閃光より判定は広い。派生技では最高ヒット数を誇るので月閃光>月閃虚崩を打つだけでTPがかなり回収できる。地上空中どこで当てても安定しているためかなり優秀。
魔神剣 ↓・→・A 13 テイルズおなじみの地面を這う衝撃波を放つ技。射程は画面の端から端まで。弾速が早く、当たると浮き上がる。牽制用に十分すぎる技。他キャラの魔神剣との最大の違いは飛ばした衝撃には相殺があり、なおかつその後発生する衝撃による二段構えが可能なこと。発動後のスキは大きい方だが、詠キャンによりそれも補える。
魔神剣・双牙 魔神剣後A 8 魔神剣の後に踏み込んで鋭く薙ぎ払う技。こちらは衝撃波を放つのではなく踏み込み斬り。大きく踏み込むので中距離から魔神剣をかましても当たる。もちろんその後は魔人滅殺闇や崩龍斬光剣などから詠キャンすることでフルコンに持ち込める。魔神剣とあわせて現状では主戦力。
虎牙破斬 ↓・A 18(22) おなじみ二段斬り。空襲剣とこの特技だけ追加特技がない。かといって他の技よりも威力が高いというわけでもないので封印推奨。()内の威力は義憐成功後の追加タックル込の威力
義憐成功後、虎牙破斬にタックルが追加される(威力4)だが他の技と比べてそれでも威力は低い方なのでやはり封印か。
義憐成功後限定で空中で虎牙破斬を発動すると高度によってはエアダッシュや他の技にキャンセルできるようだ。連携ではなく立ち回り用の技になるかもしれない。
双牙斬 ↓・↓・A 16 二刀で斬り下ろして一気に斬り上げる某親善大使の技。この技と追加特技である飛連双閃の威力を合わすと特技中最高威力になる。ぜひ連携に組み込んでいこう。空中発動時は飛連斬とほぼ同じ仕様になっている。こちらは飛連斬と違い化ける技がまったくないのでエアダッシュと併用して奇襲用として安心して狙うことができる。
空襲剣 →・↓・←・A 18(23) 突進から後ろに跳ねつつ斬り上げる王国客員剣士の技。こちらも追加特技がないが虎牙破斬とは違い、範囲が広いので奇襲用や牽制用などに使える。()内の威力は義憐成功後成功後のA追加斬り下ろし込の威力。
斬り上げからエアダッシュにキャンセルできる。普通のエアダッシュとは違って奥義しかキャンセルできない。
距離が開くと奥義で追撃できないのでエアダッシュにキャンセルしてから奥義で追撃しよう。
義憐成功後は空襲剣後Aで斬り下ろしに派生する(威力5)斬り下ろしは前に若干進むので距離があっても当たりやすく、もし当たらない場合でも接近はできるのでその後の連携がとても安定する。立ち回りにおいても攻撃判定の無いエアダッシュにキャンセルするよりかは幾分マシ。どんどん使っていって良い。


■奥義■

技名の前に*がついている技は義憐聖霊斬成功後に発動できる技。

名称 コマンド TP OVL 空中 威力 備考
千裂虚光閃 ↓・→・C 33 斬り上げの後何回も敵を突き刺す技。地味に裏にも判定が突き出ているため、万が一めくれてしまってもよほど変な位置に敵がいない限り安心
粉塵裂破衝 ↓・←・C 30 二刀を激しく打ち付けて爆発を起こす技。踏み込むので連携がしやすくダウンも取れる。
崩龍斬光剣 ↓・←・↓・C 27 神速の斬撃で敵を切り刻む技。最後に敵が浮くので詠キャンを絡めたコンボの素材に。壁端で使うと最後の一閃が当たらないので注意。またガード中の相手に使うとガード方向が途中で切り替わるので固めにたまに使うのもあり。ただ見切られると簡単にガードされきってしまうので、その場合はすぐに詠キャンして逃げること。
*崩龍斬光剣D ↓・←・↓・C 38 義憐成功後に発動可能。眼にも止まらぬ斬撃で切り刻む技。ぶっちゃけて言えば威力が上がった崩龍斬光剣。義憐成功後で尚且つOVL中でしか使えないという微妙な条件。あえて言えば壁端で最後の一撃が外れることは無いのでその後詠キャン絡めて安心してコンボを狙うことができる。
この技からでも翔破裂光閃に派生可能。
魔人滅殺闇 ↓・←・→・C 40 切りつけの後、闇の炎を噴出させる技。TP消費はあるが威力は高い。無論これも詠キャンできる。詠キャンと組み合わせると威力がとんでもないことになる。ジューダスの主力。
爪竜連牙斬 ↓・←・→C 28 大きく踏み込んで四回斬りつける技。距離は画面の半分程度、相手を壁端まで運ぶのに重宝する。少し練習がいるが、これも詠キャンすることで次につなげることができる。壁端など、魔人滅殺闇が使えないときはこの技を使っての詠キャンが必要となってくるので覚えておいて損はない。
*爪竜斬光剣 義憐成功後、爪竜連牙斬後にC 26 義憐成功後に発動可能。爪竜連牙斬の後に一瞬で切り抜ける技。爪竜連牙斬と合わせると54という高威力でしかも無消費。ガンガン使いたいところだが詠キャンを組み込むことができないので〆に使うのがベストか。ちなみに壁端だと最後の爆発がスカるので注意。
*魔王闇撃波 ↓・←・D 36 義憐成功後に発動可能。闇の炎で薙ぎ払う技。この奥義から派生する秘奥義はないのであくまで詠キャン含めたコンボ用に。無消費でこの威力なので秘奥義のTP温存しつつ威力を妥協しない連携ができる。
*臥竜斬月 ↓・←・↓・D 26 義憐成功後に発動可能。月を描いた後に斬りつけて相手を吹き飛ばす技。TP消費が多めで威力は低いが原作同様回復効果があり、通常時は10回復、OVL1と2で15回復、OVL3で20回復する。
体力の低いジューダスにとっては生命線のような技に見えるがまず発動条件がシビアで詠キャン絡めたコンボができないといった散々な性能なので封印推奨。どうしても使いたいのであればコンボの〆などにどうぞ。


■下級晶術■

  • 連携中(=2Hit以上)ならTPを消費して無詠唱。TPが足りないときは詠唱する。

名称 コマンド TP OVL 威力 備考
ストーンザッパー ↓・←・B 6×3 3発の石片を打ち出す。カイルとは違い敵の方向に発射するので牽制などに使いやすくなっている。
ウィンドスラッシュ ↓・↓・B 12 風の刃を発生させる。カイルとほぼ同じ性能。
デルタレイ ←・↓・B 2×3→4×3 最初に3つの光の弾を前方に展開してその後撃ち出す。カイルとは違って空中の相手に当てると相手がこちらに曲線を描きながら吹っ飛んでくる。ループ要素に。


■上級晶術■

上級晶術は24HITで無詠唱発動可能。つまり詠キャンの上限は24HITまで。

名称 コマンド TP OVL 威力 備考
ネガティブゲイト ↓・←・D 30 闇の球体で敵を切り刻む術。詠キャンや〆に使われたりで見落とされやすいが、これ単発で相手に当てるとヒット数が少なければジューダスの硬直がほとんどなく、距離によっては相手がまだ固められている状態の所に接近することもできる。OVL3になっての相手に対するネガティブゲイト連発はまさに悪夢。けずりだけでもすごいのに、地上ガードさせると速攻で割ることができ、かつこちらは動けるという鬼畜さ。相手のOVLがなければ、OVL3になりネガティブ連発で相手を固めて、割れたところにもぐりこんで義憐聖霊斬を狙うのもありかもしれない。
エアプレッシャー ↓・→・D 35 重力場を発生させ、敵を潰す術。上級術で一番威力が高く、範囲も広い。
ネガティブはHIT数によっては硬直が長くなって位置によっては相手のほうが有利になりやすいが、こちらは相手が吹っ飛ぶので安心して〆ることができる。TPに余裕があるならば、こちらで〆るのがいいだろう。


■秘奥義■

技名の前に*がついている技は義憐聖霊斬成功後に発動できる技。

  • 奥義の最後の1ヒットが当たった上で合計2Hit以上になっていると発動できる。
  • 作者の原作再現か愛か、ほとんどの秘奥義が反確という始末。使う場所、場面をよく見極めて使おう。
  • |義憐聖霊斬成功後はどの秘奥義も反確ではなくなるので気軽に撃つことができる。特に聖霊斬は確定で派生するので戦闘を有利に運ぶことができる。
  • 威力はそれぞれの奥義のみを当てた状態から撃ったもの。

名称 コマンド OVL 威力 備考
魔人千裂衝 千裂虚光閃後C 89 千裂虚光閃から派生。TP消費は低いが敵は受け身を取れてしかもジューダスは例の如くポーズを決めているので反確。OVL中だと敵のダウン時間が長くなり反確ではなくなるがどちらにしろ封印推奨。確実に殺しきれるところに使おう。千裂虚光閃が裏回ってる時に使ってもちゃんとフルヒットするので安心。
「二度と会うこともn馬鹿なっ!」
浄破滅焼闇 粉塵裂破衝後C 136 粉塵裂破衝から派生。消費量の割に威力が高く、相手を吹き飛ばすためフルコン食らわずにすむので秘奥義の中では比較的マシ。だが壁端だと例によって例の如く「闇の炎に抱かれて馬鹿なっ!」となるので気をつけよう。
翔破裂光閃 崩龍斬光剣後C 163 崩龍斬光剣から派生。秘奥義の後長い時間相手はダウンだから安心・・かと思いきやポージングが長いので余裕で起き上がりから狩られる。OVLしてまで使うことはない。
「貴様に見きれる筋もn馬鹿なっ!」
義憐聖霊斬 魔人滅殺闇後C 102 魔人滅殺闇から派生。長い念仏斬りの後に確率で真神煉獄刹に派生する。成功すれば高威力の最終奥義に派生、失敗すればお決まりの「僕には・・m馬鹿なっ!」となってしまう。
TP残量とリアルラックが影響するが、実はOVLのレベルによって成功確率が上がったりする。といっても発動時のOVLのレベルで判断されるのではなく最後の斬り下ろしの時のOVLのレベルで判断され確率が変わるので注意(例:OVL3で発動したのに最後の斬り下ろしまでにOVL切れて失敗して馬鹿なっ!)この秘奥義を発動するつもりであれば早いところ発動したほうがいい。OVL3では確定となる。威力は失敗した場合の威力。
義憐成功後は確定で派生する。火力は当然跳ね上がるので成功後はTPがあればこの秘奥義一択。
真神煉獄刹 義憐聖霊斬中↓を押し続けると確率で派生 196 過去を断ち切る最終奥義。威力は義憐聖霊斬込。博打技の義憐の派生なので当然強い。反確の恐れもない。
この秘奥義が発動すると仮面が脱げて一部技仕様変更&解禁される。無論その試合は仮面が戻ることはないので発動さえ出来れば戦いを有利に運ぶことができる。


コンボ考察

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|