1729 @ ウィキ

ブラーチャ・カラマーゾヴィ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カラマーゾフ兄弟
ドミトリー 長男 軍人
イワン 次男 学生?
アレクセイ 三男 僧侶見習い

カラマーゾフ父
フョードル しょうも無い人 自称道化

その他の人
ゾシマ 村の教会の長老(starets) カリスマ的な人気があるも、異端的な雰囲気もあるので一部の人からは危険視/嫌悪されているケースも
ミウーソフ 左翼 会合について来るメンドクサイ人 いまだに48年の革命の話をしているような人 自称知識人
ラキーチン

2篇6

ドミトリーとフョードルが、女の内容で、場違いな言い争いをしはじめた。
収拾がつかなくなりそうになったところで、長老ゾシマがなぜかドミトリーの足元に跪いた。
みんながなぜそんなことをするのかと不思議に思ったところで、昼ごはん休憩することになった。
ミウーソフは、フョードルの礼儀を弁えない態度に怒って、帰ろうとしたが、
フョードルが悪いのは俺だから俺が帰ると言って、代わりに帰った。

2篇7

ゾシマが、自分の死が近いことをアレクセイに告げた。そして、自分が死んだら
僧院を出よと言った。アレクセイは、なぜ、さっき長老がドミトリーの足元に跪いたのかの理由が
気になったが、その理由を聞くことはできなかった。
長老と別れて、昼ごはん会場に向かう途中、アレクセイはラキーチンに止められた。
そして、さっきなぜ長老がドミトリーの足元に跪いたのかの理由をたずねられたが、知らないと答えた。
ラキーチンは長老のそのような行為は意味がなく荒唐無稽だと批判した。



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る