築山出張 @ ウィキ

0109小笠原ゲームp.2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

瀬戸口:「言っておくが、俺みたいなのを選ぶ権利は、お前にはないぞ」

芝村:
瀬戸口は微笑んだ。

つきやままつり:「なぜ?」

瀬戸口:「いい話じゃないか。幸せになれよ」

つきやままつり:「何回言わせるんですか!」
「私が一緒に時間を過ごしたいのは貴方だけです」

瀬戸口:「重要なのは、収入と将来性だ」

つきやままつり:にっこり笑います
「私にあります」

瀬戸口:「ない。お前には全然ない」

瀬戸口:「玉の輿でいけ。応援する」

つきやままつり:「それはつまり 私が貴方につりあわないってことですね」

瀬戸口:「そんなことはいっていない」

つきやままつり:「だって今そう言った」

瀬戸口:「怒るな」

つきやままつり:「…私じゃだめなの?」

瀬戸口:「愛してる」

つきやままつり:「!」
「じゃあ…いいじゃないですか」

瀬戸口:「だから、もう一度言う、玉の輿にのってみろよ。いい人生になる」

つきやままつり:「いやです。貴方と苦労する方がいい 苦労でも」 

瀬戸口:「ほんとにお嬢さんでないとかいうなら、なおさらだ」

つきやままつり:「誰だって多少は苦労するものです 好きな人と一緒に頑張るのが一番の幸せ」

瀬戸口:「苦労させるのがつらい」

つきやままつり:「わからずや!」
「好きじゃない人と一緒にいてなんか幸せがありますか!」

芝村:
瀬戸口は優しく微笑むと、姿を消した。

つきやままつり:追います 追跡で

芝村:
はい
おいついた

つきやままつり:「軍人として下でも、それなりの能力くらいあるんですから」
「…」

瀬戸口:「次は追いかけられないようにするぞ」

つきやままつり:「いやです。泣きますよ」
「お願いだから置いていかないで。何回言ったかしら…」

瀬戸口:「泣くくらいなら」

つきやままつり:「なら?」
手にしがみついてます

瀬戸口:「軍服姿にしがみつかれてもなあ」

つきやままつり:「脱がせてもいいですよ」
抱きつきます

芝村:
瀬戸口は貴方の背に手を回した。

つきやままつり:「何度でも言います 好き。愛してます」

芝村:
瞬間的になんか外れた。

つきやままつり:「きゃ!」
いやでも離れません

芝村:
いやもう、どんどん脱がされてる。
瀬戸口は嬉しそう。

つきやままつり:真っ赤になります
「貴方はいいんですけど、他の人に見られるのはちょっといやかも…」
顔を見上げます

瀬戸口:「逃げてもいい」

つきやままつり:「逃げません」
「貴方はいいんです」
「ごめんなさい こんな格好で来て」
「愚かでふつつかな娘だけど 見捨てないで」

芝村:
瀬戸口はコート着せた

瀬戸口:「見捨てるって・・・・」

つきやままつり:「?」

瀬戸口:「人聞きの悪いことをいうな。一度でもやったか?俺が」

つきやままつり:「置いて行かれそうになると そう感じるんです」
「このままもう会えなくなるんじゃないかって。いつも」

瀬戸口:「毎回助けている」

つきやままつり:もう一回しがみつきます
「大好き…! 一緒に連れて行って」

瀬戸口:「ブラがずれるぞ。ホックはずれてるんだから」

芝村:
さすが、本職。手が早い

つきやままつり:「ずれたって… いいもの…」

芝村:
瀬戸口は微笑んで貴方の頬をつついてる

つきやままつり:「うー」少し頬をふくらませます
「あの… 怪我、大丈夫?」

瀬戸口:「凄い痛い」

つきやままつり:「ごめんなさい… でも離れたくない」

瀬戸口:「後悔する」

つきやままつり:「誰がなにを?」
「私はしませんよ」

瀬戸口:「んじゃ、付き合うか?俺と」

つきやままつり:「はい!」
「喜んで」

芝村:
瀬戸口は微笑んだ後、ちょっと貴方にキスした。


/*/

つきやままつり:わーん

芝村:はい。お疲れ様でした。試練突破です

つきやままつり:ありがとうございます!

芝村:わーんってなんだ

つきやままつり:うれし泣きです

芝村:なる

つきやままつり:珍しく無粋なことをおっしゃいますね

芝村:10マイル返金されました。

つきやままつり:わあ

芝村:私はいつも無粋だよ

つきやままつり:そんなことないですよ
試練突破で今日はおしまいですか

芝村:ええ。もちろん なんで?

つきやままつり:あ、いえ 2時間の予定をいただいていたからです

芝村:そう、きっとそれでわーんといったのかと思ったのさ

つきやままつり:んー

芝村:でもま、次で喧嘩するより
今日は気持ちよく寝たほうがいいと思うよ?

つきやままつり:け、けんか(笑)
はい… そうします。
ありがとうございました

芝村:次は可愛い格好であうといい
褒めちぎるとおもうよ

つきやままつり:はい。心おきなく頑張ります 
はい! あ

芝村:はじめてかな。

つきやままつり:なんでしょう

芝村:愛してる発言は

つきやままつり:はい それはもう
好きとかそう言う科白今まで全くなしです

芝村:いや、どうぞ

つきやままつり:はい 名前なのですが 
そろえるべきなんでしょうか
みなさん名字をそろえてらして

芝村:そろえなくてもいいよ。
そう言う関係でないというだけさ

つきやままつり:そうですよね
そういう話になったらまた考えます、でいいんでしょうか

芝村:ま、改名チャンスはもうないけど
いいんじゃないかな

つきやままつり:なるほど
あちらが気にしたりすることありますか?

芝村:きにしないよ。
まあ、将来的にはわからんが

つきやままつり:あう

芝村:きにせんでも。それまでに破局することもあるやろし

つきやままつり:またそんな
それを計画に入れる人はいませんー
ではちょっとよく考えてきます
勲章いただきました、と報告してもよろしいのですよね

芝村:はい

つきやままつり:変動はなしで

芝村:優月夜曲どうぞ

つきやままつり:いやいやいや
脱がされてそれはないです

芝村:そうか。じゃあ、桃色夕日

つきやままつり:それもないです!
青空をお願いします!
(ほんとうにそういう名前なんですか? 第三の勲章)

芝村:そうか
いや、今俺が適当に考えた

つきやままつり:危うく転載するところです

芝村:じゃあ、微笑青空で

つきやままつり:ありがとうございます
いただきます

芝村:分捕ったという感じだね

つきやままつり:あう
無理矢理でしたでしょうか

芝村:いや、冗談だ。
おめでとう

つきやままつり:ありがとうございます(深々)

芝村:はい。では解散しましょう。おつかれさまでした

つきやままつり:はい お疲れさまでございます