※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

瀬戸氏と岩崎定夢氏の関係


「松沢呉一の黒子の部屋」から

「松沢呉一の黒子の部屋」に非常に興味深い記事が連載されています。瀬戸弘幸氏が「つい最近まで二人で机を並べて一緒に仕事をしている関係」だったと言う岩崎定夢氏について、どういう人物なのか掘り下げて論じられています。
私は、ナノゼリーやら何とか花粉?という怪しげな健康食品販売で一部には有名だった「優健美館」というサイトの存在は知っていたのですが、岩崎定夢氏がそこに色々と投稿されていた人物だという事は今回初めて知りました。

以下、まずは松沢氏の記事へのリンクです。

http://www.pot.co.jp/matsukuro/20090528_140428493911850.html
2009-05-28
お部屋1857/瀬戸弘幸と岩崎定夢

http://www.pot.co.jp/matsukuro/20090530_073936493911870.html
2009-05-30
お部屋1858/岩崎定夢のカンパ要請

http://www.pot.co.jp/matsukuro/20090531_011550493911889.html
2009-05-31
お部屋1859/岩崎定夢と瀬戸弘幸の伝言ゲーム


ミャンマー向けのカンパ要請

上述の「お部屋1858/岩崎定夢のカンパ要請」で対象となっているのは優健美館の以下の記事です。

2008年05月15日
ミャンマーの子供達を支援する会
サイクロン被害で泣く子供達
 Tシャツや文具を贈るためのご支援をお願い
ミャンマー交流援護会の支援活動に賛助します
                                 岩崎定夢

ここに以下のようなカンパ要請が書かれています。

 私が理事に名を連ねている「NPO ミャンマー交流援護会」(理事長・藤井啓一郎)ではいま、≪ミャンマーの子供達を支援する会≫を立ち上げ、とりあえず、「Tシャツ5000着を贈る」ことを始めた。
 これに賛助する形で『無名会』では、「文房具を購入する支援金」を贈ろうと思う。文房具は日本で購入するよりミャンマーで買ったほうが大変、安価ですむ。
<中略>
  『優健美館』読者で賛同される方々は「金額を問いません。1千円以上」の義捐金を、下記郵便振替でご支援お願いいたします。
  平成20年5月12日
 郵便振替 0110-6- 184787 岩崎企画株式会社 口座へ
 領収書が必要な方は「通信欄」にそのむね記入してください。

これに対し、shinok30さんから、なぜ「岩崎企画株式会社」の口座を通す必要があるのかとの疑問が呈されています。

5. Posted by shinok30    2008年05月18日 18:48
>『優健美館』読者で賛同される方々は「金額を問いません。1千円以上」の義捐金を、
>下記郵便振替でご支援お願いいたします。
>郵便振替 0110-6- 184787 岩崎企画株式会社 口座へ
>
>2. Posted by 岩崎定夢 2008年05月16日 18:13
>私のところには郵便為替の通知書がきます。そのコピーと一緒に「ミャンマー交流援護会」へ渡します。

なんでミャンマーへの義援金を送るのに「岩崎企画株式会社」の口座を通す必要があるのでしょうか?
すごく義援金詐欺ぽくって信用できないんですけど……
6. Posted by 岩崎定夢    2008年05月20日 13:49
「NPOミャンマー交流援護会』は毎年、40~50人ほどのミャンマーからの留学生を受け入れる窓口になっております。現在、Tシャツなどの衣料品を募っており、人手が足りていないので、お手伝いをかってでたまでです。
 直接、寄金される方は
〒112-0005 東京都文京区水道2-4-1-801 NPOミャンマー交流援護会
 あてにお贈りください。

岩崎定夢氏の履歴


以下のような記事がありました。赤字は引用者(私)によります。

2005年09月19日
Mr.Iwasakiのお陰で大冊を刊行できた!
 世話役の岩崎定夢氏は、『日本ジャーナリスト名鑑』によると 「週刊映画タイムス記者、週刊サンケイ記者を経て、現在フリーライター特報版発行人。直木賞作家・胡桃沢耕史の門下生。ひと頃は政治結社・大行社の発行する『大吼』の編集長をしていた」 とある。
 また、アメリカの著名なジャーナリスト、デビット・カプランが執筆・出版した、日本の暴力団の実像書『ザ・ヤクザ』は、現在日本語版をはじめ世界十数カ国で翻訳・発売されているが、そのカプランが一年ほど前、米テレビに出演。
「ミスター岩崎にはNHKの幹部社員に紹介されて会ったが、その彼が稲川会総裁を紹介してくれたお陰で大冊を刊行することが出来た」 と語っていたのは記憶に新しい。
 そう言えばこの日、乾杯の音頭を取ったのは作家の大下英治氏だった。
 氏はかつて、稲川会総裁の半生記『修羅の男』を書いて話題を呼び、作品は映画化もされている。

また、別のエントリでも紹介したUNGOAという組織にも参加されているようです。

UNGOA
岩崎 定夢 / ジャーナリスト
                        ?岩崎企画社長  
                        国政オンブズマン委員会GOA100人委員会委員

岩崎企画(株)の口座

松沢氏にも指摘されている通り、カンパの振り込み先に指定された口座は書籍の購入代金振込用など、別の用途にも使われています。

http://blog.livedoor.jp/mumeikai/archives/50864455.html
2008年02月02日
「運命学」とは・・・

著者の言葉「運命学というと、いかにも大上段に構えた表現
になってしまい、いささか気が引ける。果たしてそうした学問
が存在するものか--私が書くものは、学問にはほど遠く、
十代の後半からン十年、多くの人たちの手相・人相を観てき
た体験と、収集した資料や、先人の書物に基づく雑学という
べきもの。ーーもちろん雑に書き散らしたわけではない。
読者にとって、必ずや役に立つであろうとの自負があれば
こそ上梓する気になったものではある。」
(全国書店で発売中。書店まで行くひまがない、という方に
には、岩崎企画(株)にて取次ぎます。

本体1200円+税60円=1260円を
郵便振替 0110-6- 184787  岩崎企画(株)
へ「運命学」と通信欄に書いてお送りください。送料サービス
で送ります。

以下のような記事もありました。


『健康読本 ポーレン・パワーの秘密』
 
著:薬学博士 久郷晴彦
装丁デザイン&イラスト:妹尾みのり
発行:岩崎企画株式会社
定価:300円+税
 
 ハチの花粉の驚くべき効用を紹介するミニパンフレットです。
 花粉(ポーレン)、凄いです!
 今流行のメタボリック対策や、若さと美容を保つためのアンチエイジングにも効くらしいです。
 健康情報に関心をお持ちの方は、ぜひご一読くださいませ。
 でも、一般書店では販売していないようですー。
 お問い合わせは下記へどうぞ。

岩崎企画株式会社
〒101-0021
東京都千代田区外神田2-13-3-201
電話:03-3258-3551
http://blog.livedoor.jp/mumeikai/archives/50743449.html


また、上記に出てくる岩崎企画(株)の住所や電話番号は瀬戸弘幸氏の世界戦略研究所と同一です。

http://zzz.co.jp/books.html
せと弘幸 オフィシャルサイト - Hiroyuki Seto Official Website -

申し込み先:
世界戦略研究所
TEL:03-(3258)-3551
FAX:03-(3258)-3552


アクセス数(累積: - 、本日: -